《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院 > 順天堂医院ニュース > No.31
理事長・院長挨拶
病院の紹介
患者さんへ
お見舞いのかたへ
医療機関のかたへ(患者さんのご紹介)
診療科紹介
外来担当医表
休診情報
中央診療部門(室)紹介
診療支援部門
順天堂医院ニュース
研修医募集案内
施設のご案内
採用情報
公開講座・講演会
交通アクセス
お問い合わせ
医学部附属病院
学校法人 順天堂
トップ
文字の大きさ   小さく(10pt)   ふつう(12pt)   大きく(14pt)   もっと大きく(16pt)
順天堂医院ニュースNO.35 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶
院長 崎 芳成

診療科トピックス
小児内視鏡施術(腹腔鏡・胸腔鏡・後腹膜鏡)
 小児外科・小児泌尿生殖器外科

頸動脈狭窄症に対するステント治療(Carotid Artery Stenting:CAS)  脳神経外科
アルツハイマー病の抗体治療  脳神経内科
「なかなか治らない腰痛(椎間関節痛)の治療  麻酔科・ペインクリニック

診療支援部門ニュース
医薬品情報室をご存知ですか?
お酒との上手な付き合い方
退院支援について
外来の医療費が高額になりそうなときに


頸動脈狭窄症に対するステント治療 山本宗孝
新井 一 山本宗孝
教授
新井 一
准教授
山本 宗孝
 
ステント治療画像
 脳梗塞の原因の一つとして、頸動脈狭窄症という病気があります。脳に向かう血管の途中が、部分的に狭くなっている状態です。お薬を内服することで脳梗塞を予防しますが、不十分な場合は手術で狭い血管を広げてあげる必要があります。手術には、直接血管を切開する方法と、脚の付け根の血管からカテーテルを入れて、狭くなっている部分にステントという金属でできた網目状の筒を入れて裏打ちする治療があります。近年では、全身麻酔が不要で、身体にメスを入れずに治療できるCASが多く行われるようになってきました。
 当院では、脳神経外科のカテーテル治療専門チームが積極的にCASを行い、良好な治療成績を残しています。
関連リンク
脳神経外科
「胸部超音波検査:末梢肺がんや微量胸水の検出 関谷充晃
服部信孝 本井ゆみ子
教授
服部 信孝
准教授
本井 ゆみ子
 
アミロイド抗体治療の説明図
 現在、メンタルクリニックと脳神経内科でアミロイド抗体治療の治験が行われています。アルツハイマー病患者さんの脳内には、図のようにアミロイドという物質から構成されるアミロイド斑がたくさんできています。アミロイド抗体を注射すると、このアミロイドが血管内にひきぬかれ、脳内のアミロイドが減少します。2005年にアミロイドワクチン治療が脳炎をおこすことが報告され治験は中断されましたが、その後改良され、アミロイド抗体治療の安全性はかなり確率されています。現在の治療はその効果が主汚点となっています。
関連リンク
脳神経内科
2ページへ | 4ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.