《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.35 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶
院長 熏閨@芳成

診療科トピックス
小児内視鏡施術(腹腔鏡・胸腔鏡・後腹膜鏡)
 小児外科・小児泌尿生殖器外科

頸動脈狭窄症に対するステント治療(Carotid Artery Stenting:CAS)  脳神経外科
アルツハイマー病の抗体治療  脳神経内科
「なかなか治らない腰痛(椎間関節痛)の治療  麻酔科・ペインクリニック

診療支援部門ニュース
医薬品情報室をご存知ですか?
お酒との上手な付き合い方
退院支援について
外来の医療費が高額になりそうなときに


なかなか治らない腰痛(椎間関節痛)の治療」 井福正貴
井関雅子 井福正貴
先任准教授
井関 雅子
助手
井福 正貴
 
ステント治療画像
 腰痛は日本人10人に1人は抱えている、最も訴えの多い症状です。
 通常の腰痛は安静やお薬などで軽快しますが、半年以上の腰痛は慢性腰痛といい、様々な治療が行われています。その慢性腰痛の患者さんの中で15%の方に椎間関節による痛みが関係しているといわれています。
 椎間関節痛の主な症状は腰を曲げたり伸ばしたりすると痛みが出て、特に立ちっぱなしの姿勢などで痛みが強くなります。また、坐骨神経痛のようにお尻から足にかけての痛みがないのも特徴です。
 椎間関節痛は手術ではなかなか治りません。慢性的な痛みであれば、痛みの原因である神経をを高周波で破壊する脊髄後枝内側枝高周熱凝固術という治療を行うことで、長期間の痛みの軽減が期待できます。
 なかなか治らない腰痛でお悩みの方はこのような治療法もありますので、麻酔科・ペインクリニック外来までお気軽にご相談ください。
関連リンク
麻酔科・ペインクリニック
看護部ニュース
医療情報室をご存知ですか?
イラスト  当院の医薬品情報室は、DI(Drug Infomation)/ RM(Risk Management)室として医薬品に関する情報を扱い、かつ医療安全に携わる部署です。患者さんに医薬品を適切かつ安全に使用していただくために、厚生労働省や製薬企業からの医薬品に関する様々な情報を収集・管理・発信しております。特に緊急に安全対策上の措置をとる必要がある場合に、厚生労働省の指示で制約企業から発出される「緊急安全情報」や「医薬品・医療機器等安全性情報」は重要な情報であり、早急に医師等に伝達しております。また、患者さんからのお薬に関するご質問や、他のお薬との飲み合わせ、副作用に関する誤相談も電話等で対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
イラスト  当院の院内製剤も日本薬局方製剤通則に則り、製造および品質管理に関する基準(GMP)に準拠して正確、清潔、安全に、薬剤師が製剤学に裏付けされた知識や技術を活かして調製しています。
医薬情報室 1号館1階   代表  03-3813-3111
直通  03-5802-1177
関連リンク
薬剤部
3ページへ | 5ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.