《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.35 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶
院長 熏閨@芳成

診療科トピックス
小児内視鏡施術(腹腔鏡・胸腔鏡・後腹膜鏡)
 小児外科・小児泌尿生殖器外科

頸動脈狭窄症に対するステント治療(Carotid Artery Stenting:CAS)  脳神経外科
アルツハイマー病の抗体治療  脳神経内科
「なかなか治らない腰痛(椎間関節痛)の治療  麻酔科・ペインクリニック

診療支援部門ニュース
医薬品情報室をご存知ですか?
お酒との上手な付き合い方
退院支援について
外来の医療費が高額になりそうなときに


栄養部ニュース
お酒との上手な付き合い方
 「酒は百薬の長」と言いますが、飲む量や飲み方によっては薬も毒になります。
 「健康日本21」(厚生労働省)では、「節度ある適度な飲酒」とは1日平均純アルコールに換算して約20g程度としています。
各種お酒では以下のようになります。
お酒の適度な飲酒量とエネルギー量

イラスト  お酒に合わせるおつまみは、良質なたんぱく質やタウリン(肝機能を高める)、ビタミン類(アルコールの分解促進)を含んだものがお勧めです。(例:枝豆、冷奴、野菜サラダ、タコやイカの刺身など)。適量とはいえ、毎日飲めば肝臓に負担をかけてしまいます。週に2日はお酒を飲まない日を設けて、肝臓を休ませるようにしましょう。
管理栄養士  須藤泰子
看護部ニュース
<退院支援について>
看護師  退院後に地域のサポートが必要な患者さんや、自宅へ帰っても医療処置が必要な患者さんが増えています。それは、現在日本の医療の中心が、病院から地域へと移行してきているためです。
 当院では、入院時から患者さんの病気や生活状況をお伺いして、地域のケアマネージャーや訪問看護ステーション等と連携し、ご本人・ご家族と一緒に退院の準備を行なっています。また、2年前から退院支援チームが発足し、月1回病棟ごとの巡回とカンファレンスを行い、安心して退院できる体制づくりのサポートを行なっています。
 入院中のみなさん、退院に際して困っていることはありませんか?担当医や看護師へお気軽にご相談ください。
 また、外来でも、安心して退院後の療養生活を過ごせるよう、私達が一緒にサポートしています。
看護相談室  本多杏子
4ページへ | 6ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.