《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.36 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

新任教授紹介
麻酔科・ペインクリニック 西村 欣也
麻酔科・ペインクリニック 林田 眞和

診療科トピックス
「難治性潰瘍治療と下肢救済治療」 形成外科
「縮小手術」 呼吸器外科
「腹圧性尿失禁とTOT(Transobturator tape)手術」 泌尿器科
「新規導入薬剤(アブラキサンに関して)」 乳腺科

診療支援部門ニュース
看護部ニュース
血糖値、気にしてますか?
「ビタミンC」のはなし
医療福祉相談室ニュース


順天堂医院ニュース2011 NO.36
新任教授紹介
西村 欣也
麻酔科・ペインクリニック
西村 欣也
 このたび平成23年3月1日付で麻酔科・ペインクリニック教授に就任いたしました西村欣也です。ここ順天堂医院では年間10,000例を超える手術が行われていますが、約2割の2,000例が新生児を含めた小児に対する手術であります。そして私は主に、この小児手術での麻酔管理を担当しています。最近では1000g以下の極めて低体重で生まれた赤ちゃんに対しても安全に手術が行われるようになりました。当たり前ではありますが、子供には手術の後に成長すべき60年・70年、さらには90年といった長い“歩”が待っています。手術の結果はその後の生き方を大きく左右するものとなります。このためにも術後の生活を考えた慎重な手術管理が求められますが、小児医療に携わる1人として子供たちおよびご両親のお役に立てるよう努めてまいりたいと思います。何卒よろしくお願い申し上げます。
新任教授紹介
林田眞和
麻酔科・ペインクリニック
林田 眞和
 平成23年4月1日に麻酔科・ペインクリニック教授に就任いたしました。当科は、主に、全身麻酔や局所麻酔を駆使して、手術中の痛みなどの諸々のストレスから患者さんのお体をお守りする大切な役割を果たしております。集中治療、術後鎮痛、ペインクリニック、緩和医療などでも活躍しています。近年、特に大手術を受ける患者さんにおいては、積極的に術後の痛みをとることが、術後の回復を促進することが明らかになっています。私は、長年、質の高い麻酔と良好な術後鎮痛について模索してまいりました。当院においても、患者さんが質の高い麻酔と良好な術後鎮痛を受けられるよう、努力してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
関連リンク
麻酔科・ペインクリニック

2ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.