《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.37 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

診療科トピックス
「肺高血圧症」 膠原病・リウマチ内科
「大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術」 心臓血管外科
「認知症の鑑別に役立つ脳核医学検査(SPECT・統計解析画像)」 放射線科
「尋常性乾癬の新治療(抗TNF-α製剤)」 皮膚科

診療支援部門ニュース
採血室について
糖尿病には焼酎が良い?
ニュースや新聞で話題の糖尿病治療薬「DPP4-阻害薬」とは?
看護部ニュース
このような医療機関と連携しています

緩和ケア外来の開設
順天堂とTVドラマ“JIN”


「認知症の鑑別に役立つ脳核医学検査(SPECT・統計解析画像)」放射線科 中西 淳
青木茂樹 中西淳
教授
青木 茂樹
准教授
中西 淳
 脳核医学検査は、脳の形態の異常だけでなく、機能の異常を調べるために行われます。脳の病気では形態の異常が現れる前に、機能の異常が現れることがあります。この検査は病気の早期診断や回復の可能性がある障害の軽い場所を見つけるために有用です。その中で最も多いのが脳血流スペクト(SPECT:single photon emission computed tomography)で、断層像(図A)で血流分布を表示します。さらに統計解析画像(図B)はこのSPECTデータを健常人と有意差をもって血流が少ない部分を抽出します。脳表面の血流表示もでき、そのパターンから認知症の原因を判別することも可能です。当院では2005年より臨床で利用しています。認知症の他に脳梗塞、てんかん、脳腫瘍、外傷など様々な病気の血流異常もわかります。気になる方は専門となる科を受診してください。
図A:SPECT横断像と図B:統計解析画像
関連リンク
放射線科

2ページへ | 4ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.