《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.37 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

診療科トピックス
「肺高血圧症」 膠原病・リウマチ内科
「大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術」 心臓血管外科
「認知症の鑑別に役立つ脳核医学検査(SPECT・統計解析画像)」 放射線科
「尋常性乾癬の新治療(抗TNF-α製剤)」 皮膚科

診療支援部門ニュース
採血室について
糖尿病には焼酎が良い?
ニュースや新聞で話題の糖尿病治療薬「DPP4-阻害薬」とは?
看護部ニュース
このような医療機関と連携しています

緩和ケア外来の開設
順天堂とTVドラマ“JIN”


臨床検査部ニュース
採血室について
 病気の診断や病状の把握には血液検査が必要です。採血室では、この血液検査に必要な血液を採取します。ここでは国家資格を有する臨床検査技師が、標準採血法ガイドラインを遵守して採血を行っています。
 使用する採血針や手袋は、患者さん毎に取替え、常に新しい器具を使用しています。採血管は検査の種類に合わせて選択しますが、多くの場合は採血量が15ml(大さじ一杯)以内です。
臨床検査技師が採血から検査までを適切に行うことで迅速で正確な検査成績を提供しています。

 採血によって得られる検査結果について、検査の説明や基準範囲を添付した資料を配付しておりますのでご利用ください。

看護部ニュース
糖尿病には焼酎が良い?
 「糖尿病には日本酒より焼酎の方が良い」という話をよく耳にします。その理由として日本酒などの醸造酒には糖質が含まれているのに対し、焼酎などの蒸留酒には糖質が含まれていないので血糖を上げないだろう考えられているからです。
醸造酒と蒸留酒について
醸造酒と蒸留酒について
 しかし焼酎だったらいくら飲んでも良いという考え方は間違っています。焼酎は糖質を含まないものの、アルコールなのでカロリーはあります。したがって、たくさん飲めばその分のカロリーを取ることにもなりますし、アルコールは脂肪肝やアルコール性肝障害などの肝機能障害を招きやすいので飲み過ぎは禁物です。
飲酒については主治医と相談しその指示を守りましょう。
管理栄養士  飯島 香織

4ページへ | 6ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.