《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.45 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

新任教授紹介
麻酔科・ペインクリニック  井関 雅子
緩和医療学  水嶋 章郎

診療科トピックス
乳房再建用エキスパンダーとブレスト・インプラントの保険適応のご案内  形成外科
天疱瘡に対する大量ガンマグロブリン療法  皮膚科
集学的治療後の肺がん手術  呼吸器外科

診療支援部門ニュース
感染対策室からのお知らせ
看護部ニュース
『看護師による災害対策の取り組み』

診療支援部門ニュース
栄養部ニュース
『「カロリー(糖質)ゼロ」「カロリー(糖質)オフ」の違い』

薬剤部ニュース
『目薬、上手に使えてますか??』

臨床検査部ニュース
『筋電図検査・神経伝導検査について』

医療福祉相談室ニュース
『難病等の方々が障害福祉サービス等を利用できるようになりました』

紹介状をお持ちの患者さんへ

順天堂医院の今昔
順天堂医院の今昔 『順天堂醫院での病理解剖』


順天堂医院ニュース2013 No.45
新任教授紹介 麻酔科・ペインクリニック
堀江重郎教授
麻酔科・
ペインクリニック
井関 雅子
 本年5月より、麻酔科学・ペインクリニック講座の臨床教授を拝命いたしました。私の専門は疼痛制御(痛みを和らげる)学です。痛みは、われわれ人間にとって危険を回避するために必要な警告信号ではありますが、一方で痛みが続くと普段通りの生活が送れなくなり、気分も滅入り、不安がつのることもあります。そして「痛み」は実に様々な疾患に付随して現れる症状であるため、お困りの方も多いかと思います。当院では、以前より患者さんの生活の質の向上を目的とした医療の提供を日々心がけておりますので、痛みを和らげるエキスパート部門であるぺインクリニックは大きな役割を担っていると考えます。疼痛専門医による様々な治療を中心として、他科・多職種連携のもとに痛みのケアやご相談にも対応することが可能です。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
新任教授紹介 緩和医療学
椎名秀一朗教授
緩和医療学
水嶋 章郎
 この度、平成25年5月1日付けで緩和医療学教授に就任し、緩和ケアセンター長を拝命いたしました。緩和ケアは、主としてがんの身体的・精神的・社会的な苦痛を和らげるための医療です。旧来の終末期医療のみならず、がんと診断されたときから、患者さんとそのご家族を支えることに努めます。順天堂の学是「仁」が最も活かされる領域ともいえます。超高齢化社会を迎えるわが国では、2人に1人はがんになるといわれ、更に大きくかつ身近な問題になりそうです。緩和ケアには、痛みや漢方の専門医師のほか、メンタルクリニック科医師、がん専門看護師、心理士、薬剤師など多くの職種が参加し、各科の担当医師や看護師と連携して診療しています。院内のがん治療に関わる苦痛や不安、心配事のある方は、緩和ケアセンターにご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。
 2ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.