《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.46 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長ご挨拶 院長 熏閨@芳成

新任教授紹介
総合診療科  久岡 英彦
麻酔科・ペインクリニック  佐藤 大三
呼吸器内科  堀  賢
産科・婦人科 産科  板倉 敦夫
救急科   橋口 尚幸
麻酔科・ペインクリニック  水野  樹

診療科トピックス
不明熱  総合診療科
小児の低身長  小児科・思春期科
アルコールと睡眠薬  メンタルクリニック
腹腔鏡下肝切除術  肝・胆・膵外科

診療支援部門ニュース
臨床検査部ニュース 『呼吸機能検査について』
薬剤部ニュース 『緑内障とは?』
栄養部ニュース 『〜快眠〜』
看護部ニュース
『次世代社会に向けた糖尿病看護の役割を考える「第18回糖尿病教育・看護学会学術集会開催」』
医療福祉相談室ニュース
『病気やケガで仕事を休んだときは傷病手当金という制度ガあります』

順天堂医院の今昔
順天堂医院の今昔 『順天堂醫院の名称と由来』


栄養部ニュース
〜快眠〜
 皆さまは、日ごろからよく眠れていますか?
 睡眠の良さは時間ではなく、質で決まります。質の良い睡眠には、心と身体の疲労回復効果があり、朝も気持ちよくすっきり目覚めることができます。
 睡眠と食事はとても重要です。心を落ち着かせる効果のある食材を意識的に摂るのが理想的です。そこで今回は、快眠効果があるとされる栄養素・食材をいくつかご紹介します。また、質の良い睡眠をとるためには生活のリズムを整えることも大切な要素と言えます。食生活が乱れがちな方、今日から快眠生活を始めてみませんか。
説明図:摂りたい栄養素。カルシウム、マグネシウム、ビタミンB12

栄養部  岩岡 愛美(管理栄養士)

看護部ニュース
次世代社会に向けた糖尿病看護の役割を考える
第18回糖尿病教育・看護学会学術集会開催
画像:第18回糖尿病教育・看護学会学術集会  9月22日(日)・23日(祝)に第18回糖尿病教育・看護学会学術集会が「次世代社会に向けた糖尿病看護−高齢社会と看護−」をテーマに開催されました。オール順天堂の協力のもとに看護部長の照沼が学会長を務め、看護師を中心とした医師、栄養士などの医療従事者約3,800人がパシフィコ横浜に集まりました。現代社会では高齢者が地域で元気に暮らすことや糖尿病患者の合併症予防により、医療費の適正化を図ることが喫緊の課題となっております。この社会情勢を踏まえ、看護師はチーム医療を推進するコーディネータ役として何をすべきか、糖尿病看護が果たすべき役割とはなにかを考える機会とし、活発な討論が交わされ、互いに交流を深める場となりました。今後も患者さんの生活の質を高めることができるよう、学術集会で得た知見を医療の現場で役立てていきたいと思います。

看護教育課 主任  堺 恭子(慢性疾患看護専門看護師)

 7ページへ | 9ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.