《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.47 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長就任あいさつ 院長 代田 浩之

副院長就任のご挨拶
 副院長 大坂 顯通
 副院長 天野 篤
 副院長 高橋 和久

新任教授紹介
 麻酔科・ペインクリニック  角倉 弘行
腫瘍内科開設のご案内
 腫瘍内科  加藤 俊介
新病棟完成のお知らせ

診療科トピックス
センチネルリンパ節論に基づく口腔・咽頭がん手術  耳鼻咽喉・頭頸科
骨髄異形成症候群に対する新規治療法
血液内科

診療支援部門ニュース
看護部ニュース
 『小児看護専門看護師の活動紹介』
薬剤部ニュース
 『片目でゆがんで見えませんか?』
臨床検査部ニュース
 『微生物検査について』
医療福祉相談室ニュース
 『平成26年4月から ペースメーカや人工関節を入れた方に対する身体障害者手帳の認定基準が変わりました』
栄養部ニュース
 『栄養部の新しい取り組み「衛生・温度管理のもとで暖かい食事の提供」』

順天堂医院の今昔
 『江戸時代の順天堂』


新病棟完成のお知らせ
 2011年4月から建設を進めてまいりました新病棟T期工事(B棟高層棟)が昨年末、無事竣工いたしました。
 新病棟は、2号館および3号館の病室、その他の診療機能が全て移転した後、3月中旬にフル稼働いたしました。
 新病棟の特色は、耐震、免震、制振性に富んだ堅牢な建物(100年建築)であること、東京大学と早稲田大学との共同研究により次世代の医療環境に対応した最先端のエコホスピタルを実現したこと、また、国内の建築環境評価システム(CASBB)の最高Sランクを取得すると共に米国の建築環境評価基準(LEED)のゴールド認証を国内の病院としては初めて取得すること、などとなっています。
 さらに、東京消防庁が高層階の災害時の避難に非常用のエレベーターの利用を認めた新基準適用の第一号となる建物で、十分な費用をかけて患者さんやスタッフが安全に避難できるための耐火避難エリアや加圧排煙設備などの整備を行っています。
 病棟の構成としましては、1階が救急・プライマリケアセンター、2階が放射線部、3階が内視鏡、歯科口腔外科、4階が検査、5階、6階が手術部門、7階が資材供給部門、8階がリハビリ、健康スポーツ室、9階が透析、血漿交換部門、10階〜20階が病棟となっております。
 引き続き、2号館を解体した後、新病棟のII期工事の建設に着手いたします。同時に、3号館についても解体し、その跡地にC棟を建設いたします。
 今しばらくは病棟の整備が続きますが、安全、安心、快適な医療環境をご提供し、さまざまな医療ニーズに応えるため、本学の理念である「不断前進」のもとに尽力してまいります。
 ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
新病棟を含む順天堂全景写真
新病棟完成のお知らせ
 3ページへ | 5ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.