《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google WWWを検索 サイト内検索
  順天堂大学医学部附属順天堂医院
順天堂医院ニュースNO.47 目次 順天堂医院ニュース一覧へ

院長就任あいさつ 院長 代田 浩之

副院長就任のご挨拶
 副院長 大坂 顯通
 副院長 天野 篤
 副院長 高橋 和久

新任教授紹介
 麻酔科・ペインクリニック  角倉 弘行
腫瘍内科開設のご案内
 腫瘍内科  加藤 俊介
新病棟完成のお知らせ

診療科トピックス
センチネルリンパ節論に基づく口腔・咽頭がん手術  耳鼻咽喉・頭頸科
骨髄異形成症候群に対する新規治療法
血液内科

診療支援部門ニュース
看護部ニュース
 『小児看護専門看護師の活動紹介』
薬剤部ニュース
 『片目でゆがんで見えませんか?』
臨床検査部ニュース
 『微生物検査について』
医療福祉相談室ニュース
 『平成26年4月から ペースメーカや人工関節を入れた方に対する身体障害者手帳の認定基準が変わりました』
栄養部ニュース
 『栄養部の新しい取り組み「衛生・温度管理のもとで暖かい食事の提供」』

順天堂医院の今昔
 『江戸時代の順天堂』


臨床検査部ニュース
微生物検査について
 微生物検査は、感染が疑われる患者さんの尿や喀痰かくたん、糞便などから感染の原因菌を見つけ、どの抗菌薬が効くかを調べる検査です。主な検査は、染色標本を作り顕微鏡で細菌の有無を観察する塗抹検査、栄養豊富な試薬を使って細菌を育てる培養検査、発育した細菌の種類を決定する同定検査、治療に有効な抗菌薬を調べる薬剤感受性検査です。各検査は数時間から1日ほどかかるため、結果の報告まで数日を要します。
 細菌は“生き物”なので、適切な採取・保存が必要です。患者さんご自身で尿や喀痰かくたんを採っていただく場合には、スタッフから説明いたしますのでご協力くださいますようお願いします。 画像:塗抹検査、培養検査

 当院の臨床検査部ホームページ
  http://www.juntendo.ac.jp/hospital/support/rinsyo_kensabu/index.html
臨床検査部ニュース
平成26年4月から
 ペースメーカ(体内植え込み型除細動器を含む)人工関節(人工骨頭を含む)を入れた方に対する身体障害者手帳の認定基準が変わりました
表:平成26年4月よりペースメーカ、人工関節に対する身体障害者手帳の認定基準の変更について
  1. *1 ペースメーカ等への依存度や日常生活活動の制限の程度に応じて認定(原則3年以内に再認定が必要)
  2. *2 先天性疾患(18歳未満で心疾患を発症した方)により体内に入れた方については、従来通り1級
  3. *3 術後の経過の安定した時点での関節可動域等に応じて認定
【経過措置】
 今回の変更は4月1日以降に申請された方から適用されますが、3月末までに診断書・意見書が作成された方については、6月末までに申請すれば従来の基準で認定されます。
 6ページへ | 8ページへ
目次へ
順天堂医院ニュース一覧へ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.