《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google
WWWを検索 サイト内検索  ヘルプ
 

順天堂大学医学部付属順天堂医院 > NCD参加について

一般社団法人National Clinical Database (NCD) の外科手術・治療情報データベース事業への参加について

患者さんへ
  病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、平成23年1月1日より、日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化にする事業を開始することになりました。これに関連する多くの臨床学会が連携し、一般社団法人 National Clinical Database(以下NCD)が設立されています。

  この度、順天堂大学医学部附属病院もこのNCDへの情報登録の事業に参加することになりました。
  情報収集の対象は、外科系各科の手術をお受けになった患者さんの診療情報(年齢、性別、疾患名、手術名などの治療法 等)を当事業に提出させていただくことになります。ただし、個人情報保護法に基づき個人情報が病院外で特定されることのない形で提出されますので(個人名、住所等の疾患分析に関連の無い項目は除かれたデータとして登録されます)、その点はご安心頂き、ご理解の上ご協力のほどよろしくお願いします。また、症例登録のために、検査の追加や、手術、入院期間の延長が行われることはなく、診療自体に影響を与えることはありません。また、患者さんが本事業に対して、参加を拒否していただくことは可能であり、拒否されても、日常の診療等で不利益を被ることは一切ありません。

  以上につきましてご理解を頂き、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。なお、詳細は下記資料(PDFファイル)をご参照ください。

 患者の皆様向け説明資料PDF
一般社団法人National Clinical Database (NCD)のホームページでは、事業の詳細や倫理的配慮について、掲載されています。詳しい内容については、以下のホームページをご覧下さい。

NCDホームページ

Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.