《法人章は、明治時代から順天堂醫院の薬袋に使用されていたもので「仁」の文字を図案化したものである。》 順天堂大学医学部附属順天堂医院
Google
WWWを検索 サイト内検索  ヘルプ
 

順天堂大学医学部付属順天堂医院 > 大腸ESDが先進医療として認可されました

大腸ESDが保険医療として認可されました
  ESDとは、内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic Submucosal Dissection;ESD)のことで、日本で開発された新しい内視鏡治療です。これまでの内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic Mucosal Resection;EMR)では切除できない大きな病変や、切除が難しい病変に対しても治療が行えることが特長です。
  ESDによる内視鏡治療は、すでに早期胃がん(2006年4月)と早期食道がん(2008年4月)に対して保健適応が認められています。
  しかし、大腸腫瘍に対するESDは、胃や食道に比べて腸管壁が薄く、技術的に難易度が高いことなどから、これまで保険診療ではなく、厚生労働省が承認した特定の医療機関において「先進医療」として行われてきました。
  そして、その有効性と安全性が評価され、この4月の保険の改正により、大腸ESDは保険診療として認可されました。
大腸ESDの適応
  大腸ESDの適応は、従来の内視鏡治療(内視鏡的粘膜切除術;EMR)では切除困難とされた比較的大きな大腸腫瘍(ポリープや早期がん)です。   大腸ESDではリンパ節は切除できないため、リンパ節転移が疑われる早期がんは大腸ESDの適応にはなりません(外科手術が推奨されます)。
大腸ESDの方法
  大腸ESDは、病変部粘膜下層へ局注液を注入して病変を持ち上げた後に、高周波メスで病変周囲粘膜の切開を行い、次いで粘膜下層を剥離して病変を切除します。
大腸ESDの方法
  大腸ESDにより、従来のEMRでは治療困難で、外科手術を必要とした大きな病変の内視鏡治療が可能となり、EMRでは一括切除できなかった大きな病変の取り残しも少なくなりました。また、一括切除により詳細な病理診断ができるため、その後の適切な治療方針を患者さんに提示することができます。
  外科切除と比べると低侵襲で、術後早期から経口摂取が可能となります。入院期間も、外科手術に比べて短く(約1週間)、患者さんのQOL向上に寄与いたします。

  大腸ESDは技術的難易度が高い手技であり、保険適応が認められましたが、現時点では、すべての医療施設で受けられる治療ではありません。当院では、消化器内科大腸肛門外科で大腸ESDが行われています。2006年から開始して、2010年11月1日には大腸ESDの認定施設として認可され、これまでに併せて600例を超え、現在では年間100例以上の症例を経験しています。
   詳細につきましては、各診療科(消化器内科大腸肛門外科)にお問い合わせ下さい。
【内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic Mucosal Resection; EMR)】
内視鏡的粘膜切除術(EMR)
Copyright © 2005 JUNTENDO All Rights Reserved.