JCI基準に則った安全重点項目指標(QI)

当院では病院全体で取り組む安全重点項目として、患者誤認防止、手指衛生向上、術後ケアプラン立案の3つを定めています。
これらは当院が2015年12月に取得したJCI(Joint Commission International)認証で求められる基準の一部であり、安全な医療の提供のためには必要不可欠なものとして、患者さんにもご協力をお願いしている部分もあります。
これらの取り組みの成果は、四半期ごとに病院長から本学理事長が出席する会議へも報告され、組織を上げて改善に取り組んでおります。

患者誤認防止

患者誤認は、重大な医療事故に繋がる恐れのある行為であり、医療の現場においてご本人確認はとても重要です。
当院では、ケアを行う前に患者さんにフルネームと生年月日をお伺いする形でご本人確認を行い、患者誤認を防止しています。さらに、その実施状況を定期的にモニタリングすることで継続的な実施と改善を促しています。
患者さんの安全は、患者さんと医療者の相互の協力があって初めて達成できるものと考えます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

手指衛生向上

毎年世界中で何億人もの患者が医療関連感染に罹患していますが、ほとんどの感染は予防が可能であり、手指衛生はその代表的な方法です。しかし感染対策においては、単に手洗いや手指消毒を行うだけではなく、必要なタイミングで確実な手指衛生を実践することが大切です。
当院では、世界保健機構(World Health Organization:WHO)の推奨する「手指衛生が必要な5つの場面」に基づいて、これらのタイミングにおける職員の手指衛生の状況をアルコールゲル消費量と遵守率の2つの観点から継続的にモニタリングし、感染のコントロールに常に注意を払っています。また患者さんやご面会の方にも、ご本人と周囲の方を守るために手指衛生の励行をお願いしております。
取り組みの成果は、こちらよりご覧いただけます。

手指衛生が必要な5つの場面

術後ケアプラン立案

外科手術の術後には、さまざまな身体の変化(痛み、発熱、せき、下痢、しびれなど)が起きやすい状況になりますので、慎重な観察が必要となります。
術後の患者さんに、快適な療養期間を過ごしていただけるように、予め予想される身体の変化に対する処置やケアの内容を計画しておくことが必要です。これを術後ケアプランといいます。
当院では、術後ケアプランの実施率を今よりもさらに向上させ、質を高めていきたいと願い、2018年度からの病院横断的な改善目標といたしました。これによりさらに安心して外科手術をお受けいただける環境が整うことになります。

その他の医療の質を示す指標(QI)