施設基準

施設基準とは

平成28年8月1日現在

施設基準とは、医療法で定める医療機関および医師等の基準の他に、健康保険法等の規定に基づき厚生労働大臣が定めた、保険診療の一部について、医療機関の機能や設備、診療体制、安全面やサービス面等を評価するための基準になります。当院では、以下の施設基準に適合しています。

(2)特掲診療料の施設基準

高度難聴指導管理料

5年以上耳鼻咽喉科の診療経験のある医師が常駐しており、混合性難聴・感音性難聴・人工内耳埋込術を行った患者さん等に対し、耳鼻咽喉科学的検査の結果に基づき療養上必要な指導を行っています。

糖尿病合併症管理料

糖尿病足病変の指導を担当する専任の医師、看護師を配置しています。

がん性疼痛緩和指導管理料

がん性疼痛の治療法に基づき、計画的な治療管理および療養上の指導を行います。

がん患者指導料1・2・3

悪性腫瘍の診断をされた患者さんに対して、がん診療の経験を有する医師および看護師が同席し、十分な説明を行う体制を整備しています。また、医師の指導の下薬剤師が投薬や注射の必要性について文書にて説明しています。

外来緩和ケア管理料

身体症状の緩和を担当する医師、精神症状の緩和を担当する医師、緩和ケアの経験のある看護師、薬剤師等により、外来にて診療を行う十分な体制があります。

移植後患者指導管理料

臓器移植に従事した経験を2年以上有し、肝臓移植領域10例以上、造血幹細胞移植を10例以上の経験症例数を持つ専任の常勤医師を配置しています。

糖尿病透析予防指導管理料

糖尿病指導の経験を有する専任の医師、看護師、管理栄養士からなるチームを配置しています。また定期的に糖尿病教室を実施し、患者さんへ説明を行っています。

院内トリアージ実施料

院内トリアージ基準に基づき、専任の医師、または専任の看護師により患者さんの状態を評価し、診療の優先度を決定しています。

ニコチン依存症管理料

ニコチン依存症の患者さんに対し、禁煙治療の経験をもつ医師と、専任の看護師がおり、治療を行っています。

地域連携診療計画管理料

連携している保険医療機関または介護サービス事業者等と、定期的に診療情報の共有、地域連携診療計画の評価等を行っています。(脳卒中医療連携クリニカルパス)

がん治療連携計画策定料

がん診療連携拠点病院として、退院後の治療をあらかじめ連携医療機関と共有・作成された治療計画に基づき、患者さんの治療を行っていく体制を整備しています。

肝炎インターフェロン治療計画料

肝疾患に関する専門の医療機関であり、肝炎インターフェロン治療の十分な経験を有する専任の医師を配置しています。

薬剤管理指導料

薬剤管理指導を行う体制があり、必要な医薬品情報の収集・伝達を行うための専用の施設(医薬品情報管理室)があります。また、入院患者さんごとに、薬剤管理記録を作成し、投薬・注射に際して必要な薬学的管理を行い、記録に基づき適切な指導を行っています。

医療機器安全管理料1(医科・歯科)

常勤の臨床工学技士を配置しており、医療機器の安全使用のための責任者を配置しています。また、医療機器の適切な保守点検、医療従事者に対する医療機器の安全使用のための研修を行っています。

医療機器安全管理料2

高エネルギー放射線治療装置とガンマナイフ装置を備えています。また、放射線治療の経験を5年以上有する常勤の専任医師と、放射線治療に係る医療機器の安全管理、保守点検および安全使用のための精度管理を担当する技術者を配置しています。

持続血糖測定器加算

糖尿病の治療に関して、5年以上経験を有する常勤医師を2名以上配置しています。

同種死体肝移植術

移植関係学会合同委員会において、肝臓移植実施施設として選定されています。

検体検査管理加算(I)(II)(III)(IV)

検査を担当する常勤医師を配置しており、検査のための十分な体制が整えられ、必要な器具および設備があります。

HPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)

産婦人科の経験を5年以上有する医師を配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

遺伝カウンセリング加算

遺伝カウンセリングを要する診療に係る経験を3年以上有する常勤医師を1名以上配置しています。

心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算

循環器内科および心臓血管外科の経験を5年以上有する常勤医師を配置しており、検査を行うための十分な専用施設があります。

時間内歩行試験

当該検査の経験を5年以上有する循環器内科または呼吸器内科常勤医師を配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

胎児心エコー法

循環器内科、小児科または産婦人科の経験を5年以上有する医師を配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

ヘッドアップティルト試験

当該検査の経験を5年以上有する神経内科または循環器内科常勤医師を配置しており、急変時の緊急体制および検査を行うための体制を整備しています。

人工膵臓

糖尿病の治療に関して、5年以上の経験を有する常勤の専門医と15年以上の経験を有する指導医を配置しています。

皮下連続式グルコース測定

糖尿病治療に関する5年以上の経験を有する常勤医師を2名以上配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

長期継続頭蓋内脳波検査

脳神経外科の常勤医師を配置しており、難治性てんかん患者さんに対する脳波検査を行うための十分な施設があります。

神経学的検査

神経学的検査に関する所定の研修を修了した神経内科を担当する常勤の医師を配置しています。

補聴器適合検査

厚生労働省主催の補聴器適合判定医師研修会を修了した耳鼻咽喉科を担当する常勤に医師を配置しており、検査を行うための十分な装置・器具を整備しています。

ロービジョン検査判断料

厚生労働省主催視覚障害者用補装具適合判定医師研修会を修了した眼科を担当する常勤医師が検査を行い、その結果に応じた指導管理を行っています。

小児食物アレルギー負荷検査

小児食物アレルギーの診断、治療の経験を10年以上有する小児科常勤医師を配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

内服・点滴誘発試験

薬疹の診断、治療の経験を10年以上有する皮膚科常勤医師を配置しており、急変時の緊急体制および検査を行うための体制を整備しています。

センチネルリンパ節生検(乳がんに係わる)

乳腺科、外科、放射線科の常勤医師を2名以上配置しており、検査を行うための十分な体制を整備しています。

画像診断管理加算1・2
CT撮影及びMRI撮影、冠動脈CT撮影加算、心臓MRI撮影加算、乳房MRI加算

画像診断を担当した経験を10年以上有する常勤医師を配置しており、画像診断管理を行うための十分な機器および施設を整備しています。

抗悪性腫瘍剤処方管理加算

抗悪性腫瘍剤の必要性、副作用、用法・用量、その他の留意事項について文書で説明する体制を整備しています。

外来化学療法加算1

化学療法の経験を5年以上有する常勤の看護師、薬剤師を配置しており、外来化学療法を行うための機器および十分な専用施設があります。

無菌製剤処理加算

常勤の薬剤師を配置しており、無菌製剤処理を行うための十分な施設、必要な体制を整備しています。

心大血管疾患リハビリテーション料(I)
脳血管疾患等リハビリテーション料(I)
運動器リハビリテーション料(I)
呼吸器リハビリテーション料(I)

心大血管疾患、脳血管疾患・神経疾患・神経筋疾患等、四肢麻痺や急性・慢性運動器疾患等、運動機能・日常生活能力が低下、呼吸器疾患等に対し、専任の常勤医師および専従の理学療法士、作業療法士または言語聴覚士を配置しています。また、医師の指導のもと、種々の運動療法や訓練を行うための、必要な器具・器械を備えており、専用の機能訓練室があります。

がん患者リハビリテーション

がん患者さんの手術・放射線治療・化学療法等の治療を受ける際、これらの治療によって合併症や機能障害を生じることが予想されるため、治療前あるいは治療後早期からリハビリテーションを行っています。

歯科口腔リハビリテーション料2

歯科に係る5年以上の経験および当該療養に係る3年以上の経験を有する歯科医師1名以上配置しています。

抗精神病特定薬剤治療指導管理料

統合失調症の治療、診断を行うにつき十分な経験を有する精神科医と薬剤師をそれぞれ1名以上配置しており、副作用に対応できる体制を整備しています。

医療保護入院等診療料

常勤の精神保健指定医を配置しており、医師・看護師・精神保健福祉士等で構成された行動制限を必要最小限のものとするための委員会を設置しています。

透析液水質確保加算

透析液の水質を管理する専任の医師または臨床工学技士を配置しており、水質管理を適切に行っています。

CAD/CAM冠

歯科補綴治療に係る専門の知識および3年以上の経験を有する歯科医師を1名以上配置しています。

皮膚悪性腫瘍切除術

皮膚科、形成外科、耳鼻咽喉科または歯科口腔外科の経験を5年以上有している常勤医師および麻酔科医、病理医を配置しています。

組織拡張器による再建手術

関係学会の指針に基づいた所定の研修を修了した形成外科または乳腺科の経験を5年以上有する常勤医師を1名以上配置しています。

腫瘍脊椎骨全摘術

脊椎手術を術者として300例以上実施した経験を有する常勤の整形外科の医師を1名以上配置しています。

脳腫瘍覚醒下マッピング加算

脳神経外科の経験を5年以上有する常勤医師を2名以上配置しています。

脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)及び脳刺激装置交換術
脊髄刺激装置植込み術及び脊髄装置交換術
頭蓋骨形成手術(骨移動に伴うものに限る。)

脳神経外科・形成外科・ペインクリニックの常勤医師を配置しており、検査・手術に必要な設備および体制を整備しています。

治療的角膜切除術(エキシマレーザーによるもの)

眼科の経験を5年以上有する常勤医師を3名以上と麻酔科医を配置しています。

緑内障手術

眼科の経験を5年以上有する常勤医師を1名以上配置し、濾過手術または緑内障インプラント手術を合わせて50例以上行っています。

網膜付着組織を含む硝子体切除術

眼科に係る診療の経験を10年以上有する常勤医師を1名以上配置し、当該手術を年間30例以上行っています。

網膜再建術

眼科の常勤医師を2名以上配置しており、このうち1名以上が当該手術に習熟した医師の指導の下に3例以上実施した経験を有しています。

人工内耳植込術
植込み型骨導補聴器

耳鼻咽喉科の常勤医師が3名以上、言語聴覚療法に専従する職員を2名以上配置しており、内耳または中耳の手術を年間30例以上行っています。

内視鏡下鼻・副鼻腔手術V型

耳鼻咽喉科の経験を5年以上有する常勤の医師を2名以上配置し、このうち1名以上は当該手術を5例以上行っています。

乳がんセンチネルリンパ節 加算1・2

乳腺科または外科の経験を5年以上有している医師および放射線科医師、麻酔科医、病理医を配置しています。

腹腔鏡下肝切除術

消化器外科の経験を有する常勤医師および麻酔科、病理医を配置しており、当該手術を年間10例以上実施しています。

生体部分肝移植術

先天性胆道閉鎖症、進行性肝内胆汁うっ滞症等の患者さんに対し、手術を行うため、臓器移植の経験のある医師を配置しています。また、肝切除術を年間20例以上、先天性胆道閉鎖症手術を年間10例以上行っています。

腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術

消化器外科の経験を5年以上有する常勤医師および麻酔科、病理医を配置しており、膵臓手術を年間5例以上行っています。

早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術

消化管内視鏡手術について5年以上の経験を有する常勤医師を配置しており、当該手術を年間20例以上行っています。

腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術

腹腔鏡を用いる手術の経験を5年以上有する常勤医師を配置しており、当該手術を年間10例以上行っています。

腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術(子宮体がんに限る。)

産婦人科の経験を5年以上有し、開腹子宮悪性腫瘍手術、腹腔鏡下膣式子宮全摘術について20例以上実施、当該手術について5例以上行った常勤医師を1名以上配置しています。

胎児胸腔・羊水シャント術

産婦人科、小児科、麻酔科の医師を2名以上配置しており、5例以上の胎児胸水症例を経験した常勤医師がいます。

輸血管理料II

輸血管理体制の構築および輸血の適正な実施を行っています。

自己生体組織接着剤作成術

輸血業務全般に関する責任を有する常勤医師および専任の常勤臨床検査技師を1名以上配置しています。

人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算

人工肛門・人工膀胱造設に関する十分な経験を有する常勤医師および5年以上の急性期患者の看護に従事した経験を有し、適切な研修を修了した常勤看護師を配置しています。

麻酔管理料(I)(II)

麻酔に従事する常勤医師を配置し、手術のための硬膜外麻酔または脊椎麻酔、マスクまたは気管内挿管による閉鎖循環器的全身麻酔を行っています。

病理診断管理加算2

病理部門の常勤医師を2名以上配置しており、病理標本作製および病理診断の精度管理を行うにつき十分な設備、体制や必要な機器を備えています。

外来放射線照射診療料、放射線治療専任加算、外来放射線治療加算、高エネルギー放射線治療、1回線量増加加算、強度変調放射線治療 (IMRT)、画像誘導放射線治療加算(IGRT)、定位放射線治療

放射線治療を担当する常勤の医師を配置しており、治療のための十分な機器および設備を備えています。

経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的中隔心筋焼灼術、ペースメーカー移植術・交換術、補助人工心臓、植込型心電図記録計移殖術及び植込型心電図記録計摘出術、両心室ペースメーカー移植術・交換術、植込型除細動器移植術及び植込型除細動器交換術及び経静脈電極抜去術(レーザーシースを用いるもの)、両室ページング機能付き植込型除細動器移殖術及び両室ページング機能付き植込型除細動器交換術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)

循環器内科・心臓血管外科の常勤医師を配置し、心筋梗塞、狭心症等の患者さんに治療を行うための必要な設備、器械、器具が備えてあります。

生体腎移植

生体腎移植の経験を有している医師を配置しており、腎尿路系手術を年間10例以上行っています。

骨移植術

整形外科の経験を5年以上有し、膝関節手術術者の十分な経験を有する常勤医師を配置しています。また、CT撮影及びMRI撮影の十分な設備・体制が整っています。

遺伝学的検査

対象となる疾患について検査を行う十分な体制が整備されています。

国際標準検査管理加算

国際標準化機構が定めた臨床検査に基づく技術能力認定を受けています。(SO15189)

肺悪性手術(壁側・臓側胸膜全切除(横隔膜、心膜合併切除を伴うもの)に限る)

呼吸器外科の経験を15年以上、呼吸器内科・放射線科の経験を5年以上有している医師がそれぞれ配置されています。また、悪性胸膜中皮腫に係る手術に熟練した医師の指導の下術者と して5年以上の経験のある常勤医師を配置しています。

胆管悪性腫瘍手術(膵頭十二指腸切除術及び肝切除(葉以上)を伴うものに限る。)

消化器外科について5年以上の経験を有する常勤の医師を2名以上配置しており、膵頭十二指腸切除術又は肝切除を年間20症例以上実施しています。

腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)

泌尿器科について5年以上の経験を有し、当該療養の経験を10症例以上有する常勤の医師を配置しています。

経カテーテル大動脈弁置換術

循環器内科及び心臓血管外科の経験を5年以上有する常勤の医師をそれぞれ3名以上配置しています。また、術中経食道心エコー検査、経皮的心肺補助装置及び緊急開心・胸部大動脈手術の実施が可能です。

その他の適合施設基準

  • コンタクトレンズ検査料1
  • クラウン・ブリッジ維持管理料
  • 心臓ペースメーカー指導管理料
  • 医科点数表第2章第10部手術の通則の5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む)に掲げる手術
  • 上顎形成術・下顎形成術(骨移動を伴う場合に限る。歯科診療以外の診療に限る。)
  • 胃瘻増設術
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 歯科治療総合医療管理料(歯科)
  • 歯周組織再生誘導手術(歯科)

入院時食事療養費(I)について〔特別食〕

管理栄養士によって管理された食事を適時(夕食は午後6時以降)・適温で提供しています。また、患者さんの病状等に対応した食事を提供しています。