認定看護師

(社)日本看護協会認定 皮膚・排泄ケア看護認定看護師
武部 詩保里 / 横山 友美 / 山口 涼子
武部 詩保里 / 横山 友美 / 山口 涼子

皮膚・排泄認定看護師(WOC)とは、創傷ケア(wound)、ストーマケア(ostomy) 失禁ケア(continence)について専門の教育を受けた看護師です。具体的には褥瘡(床ずれ)や手術の傷がきれいに早く治るためのお手伝いや、ストーマをもつ方がより快適に生活できるように、相談の窓口となっています。また失禁(尿もれ・便もれ)には生活の質を落とすような症状もあるため、ケアの方法や日常生活のちょっとしたコツの紹介まで、患者さんご家族の在宅支援に関わることもあります。 当院には3人の皮膚・排泄認定看護師がおり、病棟や外来における看護実践に留まらず、褥瘡対策チームやストーマ外来など、それぞれの分野で活動を行っています。

(社)日本看護協会認定 集中ケア認定看護師
工藤あゆみ / 田村 典子 / 入山 亜希 / 工藤 孝子
工藤あゆみ / 田村 典子 / 入山 亜希 / 工藤 孝子

集中ケアとは、主に手術後や緊急性の高い患者さんと、そのご家族のケアを行う看護です。患者さんは呼吸・循環が不安定であり身体的、精神的に苦痛が生じている状況にあります。集中ケア認定看護師として、根拠にもとづいた患者さんのフィジカルアセスメントを行い、早期離床、早期回復を目指したケアを行っています。また、患者さんを支えるご家族の精神的苦痛も和らげるようケアをしています。 集中ケアは医療と看護が密接しているため、最新の医療技術、看護ケアを「安全」に提供できることが重要です。私たちは、患者さんが少しでも早く回復し、安心して入院生活を送れることを目指して、日々活動しています。

(社)日本看護協会認定 がん化学療法看護認定看護師
養田 絢子 / 安間 亜希

一般的にがん化学療法という言葉からは、『苦しい・辛い・気持ち悪くなる』といった事を連想される方が多いと思います。しかし現在では、それらの症状を軽減するような方法が研究され効果を示しています。また新薬も次々開発され治療効果もあがっています。私たちは、がん化学療法による副作用を最小限に抑えるための看護を行うことで、患者さんの苦痛がひとつでも軽減でき、前向きに治療に望めるよう支援しています。またどの分野の化学療法においても、患者さんに安心して治療を受けていただけるような環境を提供したいと考え、院内で看護師向けに学習会を開催しています。


中澤 ゆう
(社)日本看護協会認定 感染管理認定看護師
石井 幸 / 小松崎 直美 / 田中 恵美
石井 幸 / 小松崎 直美 / 田中 恵美

感染管理の目的は患者さんと職員を守ることです。
感染管理認定看護師は、あらゆる感染症から患者さんと職員を守るために、医療従事者が臨床現場において、感染防止につながる技術の提供や感染防止対策の知識を得ることができるよう、実践・指導・相談をする役割を担っています。現在、私達は感染対策室に所属し、感染管理システムの構築・病院内の環境整備・感染防止技術・職業感染防止・感染管理教育について、院内のあらゆる部門に関わる職員に指導や相談を行い病院感染防止に努めています。専門的立場から、知識やエビデンスに基づいたケアを実践できるよう、医療者や感染リンクナースと相談し現場に沿った現実的な感染対策を共に考え実践しています。そして、患者さんが安全で快適な療養生活が送れるよう努めています。

(社)日本看護協会認定 糖尿病看護認定看護師
橘 優子 / 成瀬 明日華 / 中村 裕美
橘 優子 / 成瀬 明日華 / 中村 裕美

糖尿病看護認定看護師は、糖尿病を抱えながら毎日を過ごされている患者さんの、療養生活をサポートする看護師です。具体的には、インスリン自己注射やインスリンポンプ療法を行っている方への手技指導や、血糖値をコントロールしていくための療養相談をお受けしています。療養相談では、自分の生活スタイルの中でどのように糖尿病と付き合っていけば良いか、患者さんやご家族と一緒に考え、具体的に行動できるように支援しています。

(社)日本看護協会認定 がん性疼痛看護認定看護師
山田 春子
山田 春子

がんによる痛みは、診断時に約30%の方に、進行すると約60%の方に現れ、多くの患者さんが体験する不快な症状のひとつです。
がん性疼痛看護認定看護師は、がんの疼痛マネジメントを行い、疼痛緩和ケアを提供すること、また痛みにあわせた適切な薬物使用と管理について専門に教育をうけた看護師のことです。
病棟では患者さんや家族の希望にあわせ、痛みを少しでも取り除き、家族との時間をもてるように、ケアを実践しています。また医療用麻薬についての正しい知識を持ち、自己管理できるよう患者指導を行っています。院内では看護師を対象に疼痛に関する学習会を行っています。少しでも多くの患者さんが、がんの痛みと上手につきあい、生活の質が高められるように支援していきたいと思います。

(社)日本看護協会認定 緩和ケア認定看護師
野上 典子
野上 典子

緩和ケアというと、「終末期」というイメージを抱かれる方が多いと思います。しかし緩和ケアは、がんの初期の段階から生じる痛みを始めとした様々な症状を早期から緩和することだと言われています。私たちは緩和ケアをこのようにがんの早期から症状を和らげ「生きることを支えること」だと考えて支援をしています。
いつも患者さんの一つ一つの思いを大切に、最善の方法の中でできる限りご希望をかなえていくことができるよう、一緒に考えることを意識しています。私たちは、患者さんが活き活きと生きることを支援できるよう頑張っています。

(社)日本看護協会認定 手術看護認定看護師
中澤 ゆう
中澤 ゆう

「今日よりもよくなりたい」という思いを胸に手術を受ける患者さんを応援したい。

患者さんの手術に対する思いを尊重し、安全かつ安楽な手術を患者さんが受けられるようにすることが手術室看護師の大きな役割です。手術看護認定看護師は手術看護の質の向上を目指し、日々活動をしています。私自身も「手術看護」というテーマを胸に日々自己研鑽に努め、同時にスタッフ指導や手術看護の質を高める努力をしていきたいと考えています。

(社)日本看護協会認定 新生児集中ケア認定看護師
岡本 小百合 / 櫻井 由美 / 金子 知美
岡本 小百合 / 櫻井 由美 / 金子 知美

新生児集中ケア認定看護師は早産児・病気を持った新生児の生後1週間の集中ケアと新生児の家族の看護を行う看護師です。
生後1週間は新生児にとって最も命の危機が高い時期と言われています。そのため、私たち看護師にはきめ細やかな観察と素早い対応が求められています。また、赤ちゃんの入院はご両親にとっても大きな負担となります。ご両親の気持ちにしっかり向き合い、ご両親を支え、そしてご両親と一緒に赤ちゃんを支えていきたいと考えています。
私たちは、赤ちゃんの未来を考え、1人ひとりの成長発達に合わせた看護を提供できるように頑張っています。

(社)日本看護協会認定 摂食・嚥下認定看護師
三部 敬子
三部 敬子

摂食・嚥下認定看護師とは、『摂食・嚥下』つまり食べるという事において何らかの支障をきたしている状態の方に安全に食べるにはどのようにしたらよいのか専門に教育を受けた看護師です。口から食べるということは、生きていくために栄養をとるという行動のほかにおいしいものを食べることでストレスの発散や人とのつながりを持つ生活の楽しみであります。しかし、一方で食べるという事に何らかに支障をきたしている方は、食べることで窒息や誤嚥のリスクも存在します。私は、患者さんの『食べたい』という思いを支えながら、同時に窒息や誤嚥といったリスクを回避するための看護を提供できるように支援していきたいと思います。

(社)日本看護協会認定  脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
中村理恵 / 落合 聖乃
中村理恵 / 落合 聖乃

脳卒中は、早期治療と早期リハビリテーションの重要性がうたわれるようになりました。そのためには、早期の診断・搬送や専門の治療チーム・SCU(stroke care unit)などの設備が必要であるといわれています。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、急性期・回復期・維持期における生活再構築のための一貫したプロセス管理を行います。具体的には、超急性期から患者の重篤化を回避するためのモニタリングとケアや、日常生活動作の改善を図るためのエビデンスに基づいた早期リハビリテーションなどを実践します。 脳卒中患者を専門的かつ集中的に治療・看護を行うチーム医療において、リーダーシップをとり、脳卒中患者の早期社会復帰やQOL向上に貢献したいと考えます。

(社)日本看護協会認定  乳がん看護認定看護師
猪又 知子
猪又 知子

乳がん看護認定看護師とは、乳がん患者さんの治療選択の支援、手術前後のケア、ボディイメージの変容など身体的、心理的、社会的なサポートを行う看護師です。近年乳がんの罹患率は年々増加しています。患者さんの社会生活背景は多様であり、一人ひとりの生活に合わせた専門的な看護支援が必要とされています。手術後のリンパ浮腫予防や術後補助療法への症状モニタリング、セルフケア指導など、乳がん看護認定看護師は様々な技術を用いてアプローチしていきます。私自身看護スタッフとともに日々のケアを実践しながら、患者さんのその人らしい生活の質が、維持できるように努めています。

(社)日本看護協会認定 認知症看護認定看護師
岡 吉栄
岡 吉栄

認知症看護認定看護師は、認知症の経過と予後を理解したうえで、認知症の発症から終末期に至るさまざまな看護上の問題に対して、そのご家族を含めた統合的ケアの専門教育を受けた看護師です。現在、私は認知症疾患医療センターにて勤務しており、ご本人、ご家族、関係機関(かかりつけ医、区役所、地域包括支援センター、保健所、介護保険事業所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて適切な医療機関との調整を行っています。また、「看護師認知症対応力向上研修」「認知症多職種協働研修」等を開催し、認知症専門医療、地域連携を支える人材の育成にも取り組んでいます。
認知症看護認定看護師として、認知症の方が穏やかな気持ちで過ごすことができ、介護家族の方も笑顔で寄り添うことができることを目指し、日々活動しています。

(社)日本看護協会認定  不妊症看護認定看護師
岡 吉栄

不妊症看護認定看護師は、生殖医療による検査や治療に対する苦痛や悩みの相談、情報提供や、生殖医療によって妊娠した女性が安心して出産、育児へと進めるよう継続的な支援を行っています。患者さんは治療によって、社会的に疎外感を感じる事が多く、経済的な負担もあります。また、妊娠への期待が増していく中で、必ずしも妊娠が成立するとは限りません。生殖医療がもたらす様々な葛藤や不安を抱えている患者に対して、その負担を支え治療に向き合えること、またその人らしい人生を送ることができるようにと思い支援しています。生命の誕生という素晴らしい奇跡に、多くの人が出会い笑顔になることを目標に 頑張っています。

(社)日本看護協会認定 慢性心不全看護認定看護師
岡 吉栄

慢性心不全看護認定看護師は、心不全を抱える患者さんに対し急性期から終末期まで幅広くケアを行います。加齢に伴い心不全を抱える患者さんは増加すると考えられています。心不全は、急性増悪と緩解を繰り返す疾患です。急性増悪の誘因は、塩分過多、内服の飲み忘れ、過剰な活動が多く、生活習慣の改善が重要です。
慢性心不全看護認定看護師として、患者さんの生き甲斐やライフスタイルを大切にし、療養法をサポートしていきたいと考えています。