新任看護師の教育・研修

新任看護師の教育システム

当院の新任看護師教育支援システム=【ペンギンシステム】

新任看護師が職場に順応し、看護実践能力を向上するために各部署の看護師全員が相互支援のもと協働し、新任看護師教育を行うことにより共に成長するシステム。

ビジョン
  • 共に成長
  • 協働
  • 相互支援

目標
  • 新任看護師のリアリティーショックが緩和され、職場に順応できる
  • 新任看護師が段階的に基本的な看護知識・技術を習得できる
  • 看護師全員がそれぞれの役割を認識し、
    連携しながら新任看護師をサポートすることにより新任看護師の成長を実感できる

当院では順天堂の理念である「仁」の心をもってすべての看護師が協働し、新任看護師教育を行っています。
一般的にプリセプターシップとは、先輩看護師(プリセプター)がある一定の期間、新任看護師(プリセプティー)に対してマンツーマンで教育を担当する方法です。しかし、プリセプターとプリセプティーが常に同一勤務帯で勤務することは難しい状況にあり、当院では平成18年度から【ペンギンシステム】を開始しました。

これは皇帝ペンギンが厳しい環境のなかで、両親が交代しながら大切にヒナを育てるように、先輩看護師一人ひとりが新任看護師のみなさんを支えようという思いが込められています。ペンギンシステムの主役である新任者のみなさんは、主体的にプリセプターやコーチ、他のスタッフに関わり、少しずつ成長していきましょう。

ペンギンシステムにおけるそれぞれの役割

プリセプティー

新しく当院に就任した皆さんです。既卒者(他施設で看護師として勤務した経験がある人)と新卒者では順応期間に違いはありますが、就任当初は同じように指導を受けることとなります。既卒者は、今までの知識・技術・態度の確認、人間関係の構築、各種システムの理解を通して、新たな組織の一員としての早期順応を期待しています。

  • プリセプターやコーチと共に実現可能な目標を設定し、計画的に看護実践能力を身につけられるよう努力しましょう。既卒の方は、自分の実践能力を客観的に評価し、積極的にコーチに評価を受けながら仕事に慣れていきましょう。
  • 自分のわかること、わからないことを明確にし、それを他者に説明できるよう努力をしましょう。
  • 眠れない、元気が出ない、食欲がない、やる気が出ないなど、心身の不調に気づいた時は、遠慮せずに周囲の人に相談しましょう。
プリセプター クリニカルラダー・レベル2以上のスタッフが日々皆さんと共に看護を実践します。その中で必要な看護技術の指導をします。また皆さんの一番身近な存在として、リアリティーショックの緩和を図り、早期に職場へ順応できるよう心理的支援をいたします。任期は通常、半年〜1年です。
コーチ 看護技術の指導をプリセプターと共に行いナーシングスキルを活用し、最終的な評価をします。コーチの任期は1年であり、クリニカルラダー・レベル3以上のスタッフが担当します。
教育担当者 教育担当者とは当該部署において師長、主任、コーチ、プリセプター、その他のスタッフと協働し、部署全体の教育計画の実践・評価をします。新任者教育においてはコーチのリーダー的存在であると共に技術面だけでなく、新任者が計画的にスキルアップできるよう教育と実践との連動を図り、管理者とスタッフの調整役となってサポートをします。
その他のスタッフ すべての先輩看護師は新任者が職場への順応を図る雰囲気作り、社会人としてのマナー・他者との関係構築などに積極的に関わります。またクリニカルラダー・レベル3以上の看護師はコーチやプリセプターと協働して特に技術指導の評価を行い、スタッフ全員がペンギンシステムが効果的に機能するように協働します。
ペンギンサポートナース

新任看護師の精神的サポートをはじめ、要請に応じて必要時、マンツーマンで採血や点滴などの基本的看護技術の指導を通して早期に職場に順応できるよう関わっています。

各部署におけるペンギンシステム

ペンギンシステム

新人看護師研修プログラム

新人看護師研修プログラム