生化学検査

生化学検査とは

生化学・免疫学分析機器

  • 採血した血液や尿などのさまざまな成分を分析し、からだに異常がないか、どの部分の疾患なのか、炎症があるのか、栄養状態はどうか、などを推測する検査です。
  • 患者さんが服用されている薬(喘息治療薬、抗てんかん薬、抗菌薬、免疫抑制剤など)の血液中濃度を測定することで、治療方針の決定にも役立てられています。

生化学検査に用いる血液の採血

一般的な注意点をご覧ください。

生化学検査の内容

以下の表に検査の目的と検査項目をまとめました。

検査の目的おもな検査項目(略称)
肝臓AST、ALT、γグルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GT)
腎臓尿素窒素(BUN)、クレアチニン(CRE)
膵臓アミラーゼ(AMY)、膵リパーゼ(LIP)
心臓クレアチンキナーゼ(CK)、CK-MB活性
糖尿病グルコース(GLU)、ヘモグロビンA1c(HbA1c)、糖化アルブミン(Glyc-Alb)
痛風尿酸(UA)
動脈硬化総コレステロール(T-CHO)、中性脂肪(TG)、HDLコレステロール(HDL-C)、
LDLコレステロール(LDL-C)
栄養状態総蛋白(TP)、アルブミン(ALB)
貧血鉄(Fe)、亜鉛(Zn)

生化学検査結果についての注意点

一般的な注意点をご覧ください。