血液検査

血液検査とは

貧血、白血病、出血傾向などの血液疾患の病態解析、診断、治療効果判定、経過観察、予後推定に欠かせない検査です。また、ほかのさまざまな病気の検査としても重要です。

末梢血液像
末梢血液像
骨髄像
骨髄像

血液検査の内容

血液検査には、血球算定、血液像、血小板凝集能検査、凝固線溶機能検査などがあります。
以下にそれぞれの検査の内容をご説明します。

検査の種類検査の内容
血球算定血液中の赤血球、白血球および血小板の数を測定します。
血液像血液中の細胞の形態を顕微鏡で観察します。
血小板凝集能検査血小板の機能を調べます。
凝固線溶機能検査血液の凝固機能を調べます。

ほかに診断のための特殊な検査も行っています。