微生物検査

微生物検査とは

  • 感染症を調べるための検査です。感染症は微生物によって起こります。
  • 微生物には細菌、真菌(カビ類)やウイルスなどがあります。
  • 微生物検査では、材料の採り方と採った材料の保管の仕方によって検査の良否が決まります。患者さんのご協力をお願いいたします。

微生物検査に用いる痰と便の採り方

1.喀痰(痰)の採り方とご注意いただきたいことを以下に示します。

採る時間早朝、起きた直後に採るのが最適です。
痰を採る前は
口腔内を清潔に
・口の中には細菌などの微生物がたくさんいます。
・このため、歯を磨き水道水で良くうがいをして、口の中を清潔にします。
痰を採る
・うがいの後、咳とともに痰を出します。
・痰は肺の奥から出てくるものが検査に適し、鼻汁や唾液を混ぜてはいけません。
・痰の色が黄色や薄い緑色のものが採れれば、最も良い検査ができます。
痰を採ったら
冷蔵庫へ
・痰を採ったら容器のフタをしっかり閉め、ビニール袋に入れてください。
・冷蔵庫(凍らせないでください)で保管し、速やかに病院までお持ちください。

2.便の採り方とご注意いただきたいことを以下に示します。

便を採る
・水洗トイレでは水に浸かっていない部分に排便します。
・親指の頭程度の量を採り、採便容器(緑色のプラスチック製カップ)に入れ、フタをしっかり閉め、ビニール袋に入れてください。
注意:オムツでは水分が吸収されてしまうので検査できません。
便を採ったら
できるだけ早く
病院まで
お持ちください
・便は採ったら、できるだけ早く病院までお持ちください。
・採った当日に病院までお持ちいただける場合は、そのまま室温で保管します。
・翌日お持ちいただく場合は、冷蔵庫(凍らせないでください)で保管します。

微生物検査の内容

塗抹(顕微鏡)検査、培養・同定検査、薬剤感受性検査からなります。以下にそれぞれの検査の内容を示します。

検査の種類検査の内容
塗抹検査顕微鏡(1,000倍)で観察して病原微生物を推定します。
培養・同定
検査
・培養により細菌やカビの種類を調べます。
・培養検査は、結果が出るのに2日~7日くらいかかります。
・結核菌は、培養にさらに多くの日数を要します。結核菌が陰性という結果は、6週間培養後に決定されます。
薬剤感受性
検査
培養で感染症の原因菌が見つかった場合は、どの種類の薬(抗菌薬)が効くかを調べます。
遺伝子
検査
・結核菌の検査は、迅速に検査結果が分かる遺伝子検査を導入しています。
・抗菌薬が効きづらい原因菌(MRSAや薬剤耐性緑膿菌)が見つかった場合は、遺伝子学的に解析し、同一型が院内に広まっていないか検査しています。

その他の活動

・微生物検査室スタッフは、院内の感染対策チーム(ICT)や抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の一員としても活動しています。

痰中の肺炎球菌・血液寒天培地に発育した肺炎球菌の集落