概要

概要・基本理念

概要

薬剤部では、医療安全とEBMを核としたチーム医療への貢献を標語として、外来業務は患者中心の薬剤師配置で外来調剤・化学療法調製において患者待ち時間短縮、入院業務は病棟薬剤業務実施加算に対応して全病棟に専任薬剤師を配置し、患者サービスに努めています。全病棟にチームで担当することにより、持参薬管理や入院化学療法およびTPN調製対応、ハイリスク・ハイアラート薬管理のみならず病棟カンファレンスやラウンドに参加し、チーム医療の一員として安全で安心の薬物療法の質向上に貢献しています。

卒後教育として、1年目より調剤、がん化学療法およびTPN調製、医薬品情報室業務、病棟薬剤業務、薬品の物流管理、臨床研究、医療安全といった全ての病院薬剤師業務をローテーションするカリキュラムに則り、屋根瓦方式で個々のスキルアップを図ります。
日々、大学院大学、特定機能病院として診療・教育・研究の実践を目指しています。

基本理念(標語)

―医療安全とEBMを核としたチーム医療の貢献―