365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
感染対策室

感染対策室

111_r7_c1

感染対策の取り組みについて

微生物や抗菌薬の多様化に伴いMRSA、多剤耐性緑膿菌などの種々の薬剤耐性菌が出現し、感染症治療や感染防止を困難にしています。また、先進医療技術の普及に伴いカテーテルによる血流感染は増加し、人工呼吸器管理や免疫抑制剤・ステロイド剤などの使用により易感染者が増加しています。

感染対策(室)に関わる構成人員と組織

構成人員

Infection Control Doctor(ICD)       2名
感染管理認定看護師(ICN)         1名
感染制御認定薬剤師(BCPIC)        1名
薬剤師                   1名
感染制御臨床微生物検査技師(ICMT)     1名
臨床検査技師                1名
事務員                   1名

組織

感染対策室

感染対策室の業務内容

(1)感染対策委員会の開催

院内各部署からの選出委員による感染対策委員会を毎月1回定期的に開催し、院内感染に関する事項を討議しています。
その他に順天堂大学6病院感染対策担当者会議(年4回)や地域連携感染対策合同カンファレンス(年4回)に出席し、情報の共有化を行っています。

(2)感染対策教育と啓蒙活動

新任看護師、臨床研修医対象の講習会開催、全教職員や派遣・委託職員は年2回の感染対策講習会を受講することが義務付けられており、このための種々の内容の講習会も開催しています。
また、看護師を対象に感染管理認定看護師による院内認定看護師感染看護コースも実施しています。
週1回院内各部署の環境ラウンドを実施し、手指衛生や病棟環境のチェック、廃棄物の適正処理についての指導などを行っています。

(3)感染症発生時への対応

MRSA,ESBL産生菌などの多剤耐性菌保菌者、結核患者とその接触者、ウイルス感染発生時の隔離とフォローアップなどの対策を行っています。
また、臨床検査科細菌検査室と密な連携を取り合い、耐性菌の検出状況を毎日監視しています。アウトブレークが発生した場合は、臨時の感染対策委員会を開催し、対応策を協議し、感染拡大防止に努めています。

(4)サーベイランス

薬剤耐性菌、VAP、BSIなどのデバイス関連サーベイランスを実施し、感染防止対策に活用しています。

(5)感染対策ガイドライン・マニュアルの改訂

変化する感染症に対応するため、新しい情報を加筆した内容に改訂しています。

(6)広報活動

感染対策に関するポスター作成と掲示、季節性インフルエンザなどに対する感染対策の意識づけのため、適時ニュースレターを発行しています。

(7)抗菌薬委員会

抗菌薬の適正使用を推進するため、抗菌薬委員会を設置し、Infection Control
Doctorを中心に月2回血液培養陽性患者、抗菌薬長期投与患者及び耐性菌検出患者を中心に症例検討会を開催し、適切なコンサルテーションを行っています。

病院のご案内

TOP