365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
乳腺外科

乳腺外科

111_r38_c1

基本情報

乳腺外科概要

乳房を原因とする病気を対象に診療を行っています。代表的な疾患として、近年増加傾向に有る「乳がん」があります。「乳がん」の治療の大きな3つの柱として手術、抗がん剤などの薬物治療、放射線治療があり、乳腺外科では手術、薬物療法を行っています。
病気を患った方の生活を中心にして、チームでサポートいたします。

対象疾患

乳房の疾患として大きく良性と悪性に分けられます。

良性疾患
1) 若い方に多いしこり(線維腺腫、葉状腫瘍) 2) 授乳期に多い乳腺炎 3) 妊娠とは関係なく生じる乳汁分泌
4) その他 乳房石灰化、乳腺症など
 
悪性疾患
1) 乳がん
2) 発見時に手術が難しい状態である進行性乳がん 3) 特殊な悪性腫瘍(悪性葉状腫瘍、肉腫など)

診療方法

良性の疾患の場合は基本的に経過観察となりますが、良悪の判断は時として難しい場合があります。当院では定期的に画像診断(マンモグラフィーなど)の専門家と病理診断(生検の結果を判断する)の専門家とカンファレンスを行い、精度の高い診断及び治療を維持しています。

乳腺外科_対象疾患

診療体制

総合外科と共に治療をしています。専門性の高い多岐にわたる治療に対して外科、乳腺外科、看護部、放射線科、形成外科、がん治療センター(臨床心理士など)、栄養科、リハビリテーション科などの診療チームで対応しています。

例えば、乳がんの手術後のリンパ浮腫に関しての予防方法を看護師が指導、乳房再建に関して形成外科が説明、抗がん剤の副作用に関して薬剤師が指導、治療に向き合えない場合の精神的なサポートとして臨床心理士がお話を聞くなどの診断、治療からその後の日常生活に至るまで様々スタッフが寄り添い、元の生活に戻るお手伝いをいたします。

乳腺外科_診療体制

病院のご案内

TOP