365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
腎・高血圧内科

腎・高血圧内科

Adobe Reader XI.lnk_r3_c1

基本情報

腎・高血圧内科概要

尿の異常(特にタンパク尿)、高血圧・糖尿病といった生活習慣病は、腎不全になり透析に至ってしまうような腎臓病だけでなく心臓病や脳卒中発症の危険因子です。腎臓病は、目立った自覚症症状がないまま進行するため、早期に発見して必要な治療を行うことが大切です。健康診断での尿異常(血尿・タンパク尿)、血圧異常、尿酸値やクレアチニン値に異常がある方は、是非とも一度腎・高血圧内科にご相談ください。

対象疾患

慢性腎不全(保存期・透析期)、慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群、高血圧(原発性・続発性)、急性腎不全、

診療方法

腎・高血圧内科では、健康診断で指摘される蛋白尿や血尿の精査、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群の診断と治療、透析導入前の慢性腎不全、透析治療の開始(血液透析・腹膜透析)と準備、高血圧、高尿酸血症、などあらゆる腎臓病や血圧異常を持つ患者さんの診療を行います。腎臓病の診断のための腎生検、腎臓病に対する食事療法を中心とした教育入院、 腎不全が進行して透析治療が必要になった方のシャント手術や腹膜透析導入といった末期腎不全治療にも対応します。透析治療中の患者さんの合併症治療(シャント再建など)も行います。

診療体制

外来診療は、4名すべての医師が初診外来と再診外来をそれぞれ担当します。病棟における入院患者さんの診療は、すべての医師と研修医がチームを組んで診療にあたっています。4名の医師は腎臓病、透析治療の専門医ですので、すべての疾患について専門的見地から、個々の患者さんに対して最善の治療方法を選択します。選択した治療方針を、患者さんとご家族にわかりやすく説明し十分な理解をいただきながら治療を進めていきます。毎日のカンファレンス・回診を通じてその日の患者さんの状態を確認しながら適切に診療を行っています。

病院のご案内

TOP