365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
脳神経外科

脳神経外科

2層_r13_c1

基本情報

脳神経外科概要

脳神経外科は、脳神経の病気に対し手術治療を行う診療科です。脳神経外科にて治療する
代表的な病気としては、脳腫瘍、脳動脈瘤(くも膜下出血の原因)、脳出血、脳梗塞の原因となる頚部内頚動脈狭窄症、もやもや病、頭部外傷などが挙げられます。これらの命に係わる病気以外にも、高齢者の認知症の原因のひとつである水頭症(特発性正常圧水頭症)、片方の顔面が痙攣する片側顔面痙攣、顔面に激しい電撃痛が生じる三叉神経痛や、薬でおさまらないてんかん発作なども脳神経外科にて治療する病気です。脳血管の病気を切らずに治療する脳血管内治療も積極的に行っています。患者さんに負担が少なく、かつ最も患者さんのためになる治療法を十分に相談して選択し、丁寧に治療させていただきます。

対象疾患

脳腫瘍・脊髄腫瘍、くも膜下出血、未破裂脳動脈瘤、頚部・頭蓋内動脈狭窄症、脳動静脈奇形・硬膜動静脈廔、顔面痙攣、三叉神経痛、てんかん、特発性正常圧水頭症、頭部外傷、先天性中枢神経奇形など

診療方法

脳腫瘍(脊髄腫瘍)の手術の際には、手術ナビゲーション装置、5-ALAによる術中蛍光診断、MEPなどの電気生理学的モニタリング、必要な際には覚醒下手術などの技術を積極的に活用し、安全かつ精度の高いを手術を施行しています。脳動脈瘤や頭蓋内外の動脈閉塞性疾患、脳血管奇形等の治療に際しては、手術と近年進歩の著しい血管内治療の両者の治療が可能であり、患者さんの病態や希望に応じた治療法を選択しています。顔面痙攣、三叉神経痛、特発性正常圧水頭症など機能的疾患に対しても経験豊富な医師が手術を担当し、安全な治療を心掛けています。

診療体制

最新鋭の脳血管撮影装置、MRI、CT、核医学診断装置などを駆使し診療を行っています。重症患者さん、手術後の患者さんなどは24時間体制にて治療・観察・看護が可能な集中治療室(ICU)にて治療を受けていただきます。日常の診療には5~6名の脳神経外科医が診療に従事しており、うち3名が日本脳神経外科学会の専門医です。1名ががん治療認定医、他の1名が脳卒中専門医の資格も有しています。治療方針の決定に際しては、脳神経外科内でのカンファレンスのみならず、放射線治療医・病理医などの専門医とも合同カンファレンスを行い、集学的治療を行っています。

NCDの手術・治療情報データベース事業への参加について

当科では、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
詳細はNCDの手術・治療情報データベース事業への参加をご確認ください。
不明な点、不安な点などございましたら、当科スタッフまでお申し出ください。

病院のご案内

TOP