365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
小児外科

小児外科

aaa_r3_c1

基本情報

小児外科概要

生まれたての赤ちゃんから中学生までを対象としています。対象疾患は幅広く、小児の外科疾患、すなわち腹部、胸部、泌尿器、体表疾患の外科治療を行います。特に安全性と非侵襲性を重視し、お子様にできるだけ負担の少ない治療を心がけています。子供の外科的疾患はお気兼ねなくご相談ください。

対象疾患

鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、包茎、漏斗胸、停留精巣、急性虫垂炎、急性陰嚢症、
鎖肛、腸重積、胃食道逆流, ヒルシュスプルング病、腸閉塞、肛門疾患、便秘  
胆道閉鎖症、胆道拡張症、胆石、脾腫、水腎症、膀胱尿管逆流、尿道下裂
頸部嚢胞,腫瘍、副耳、リンパ管腫、血管腫、胸部腫瘍、腹部腫瘍   
 

診療方法

鼠径ヘルニアに対しては原則的に腹腔鏡下手術(LPEC法)を行うことで審美的であると同時に、反対側のヘルニアを観察することで術後の対側発生を予防します。臍ヘルニアの綿球療法、包茎に対する軟膏療法、漏斗胸に対するバキュームベル矯正など、切らない治療を第一優先として、改善しないものだけを手術します。膀胱尿管逆流に対する低侵襲な治療法である膀胱鏡下逆流防止術(STING法)を標準術式として行っています。急性虫垂炎に対しては過去100%で腹腔鏡下手術で治療してきました。また、胆道拡張症、膵臓腫瘍、水腎症、副腎疾患、など幅広い疾患に対して鏡視下手術を行っています。特に低侵襲で合併症の少ない医療、安全、安心な医療を心がけて診療しています。

診療体制

小児外科は総合小児科と外来、診断において密接な連携をとることで、外来受診から診断、治療へのスムーズな流れを作り、いつでも迅速な治療がに行えるよう努力しています。また、総合外科との連携で、最新の外科的技術の導入、多角的視野での手術法の検討などで合併症のない治療が行えています。できる限り早急に患者さんに対応すべくほぼ毎日手術を行っており、鼠径ヘルニアや虫垂炎といった一般的症例から、胆道閉鎖、胆道拡張症、水腎症などの専門的疾患まで幅広く治療を行っています。

病院のご案内

TOP