365日24時間対応
03-5923-3111

〒177-8521 東京都練馬区高野台3-1-10

救急・時間外の診療についてはこちらから

背景色変更

文 字
サイズ

abm00002602
abm00002603
abm00002604
abm00002605
薬剤科概要

薬剤科

111_r28_c1

薬剤科概要

薬剤科長挨拶

宮崎招久(薬剤科)

薬剤科長:宮﨑招久(消化器内科教授)
医療の進歩は目覚ましく、新薬も次々に登場する一方、後発医薬品の普及も急速に進んでいます。このような状況の中、医療の質の向上・医療安全の観点からチーム医療の重要性がますますさけばれています。薬剤の専門家である薬剤師のチ-ム医療、特に病棟や外来への参加は必要不可欠になっており、薬剤師はチーム医療で大変重要な役割を担うようになってきています。患者さんから、そして医療スタッフから信頼される薬剤部を目指し、薬剤部一同頑張ってまいります。

薬剤科基本理念

  • 有効かつ安全な薬物治療を患者さんに提供できるよう努めます。
  • 信頼される「薬のプロ」としてチーム医療に貢献します。 
  • 費用対効果に優れた医薬品使用を推進します。 
  • より高い知識と技能の習得に努めます。

チーム医療への参加

患者さんを医療の中心において、医師・薬剤師・看護師をはじめとした医療専門職がそれぞれの専門分野を生かして連携し、質の高い医療の実現を行うことを「チーム医療」といい、薬剤科では、下記のチームに参加し、医療の質の向上に貢献しています。

チーム名参加薬剤師数チームの目的薬剤師の主な業務
感染症対策チーム
(ICT)
感染制御認定薬剤師1名院内で起こる感染症の発生、伝播の防止対策や感染症治療アドバイスを行い、抗菌薬の適正使用を図る
構成メンバー:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師
抗菌薬・消毒薬使用量の把握、採用薬の検討
抗MRSAの薬TDM
医療スタッフへの教育、等
栄養サポートチーム
(NST)
栄養サポートチーム専門療法士2名患者さんの栄養状態を総合的に管理する
構成メンバー:医師、看護師、管理栄養士、薬剤師
経腸栄養剤、高カロリー輸液等の処方を管理することによって、患者さんの栄養状態の改善を図る
緩和ケアチーム薬剤師2名
(がん専門薬剤師1名含む)
患者さんの身体的、精神的苦痛を和らげ、よりよいQOLが得られるようサポートする。
構成メンバー:医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、臨床心理士、作業療法士
鎮痛薬、精神神経薬の適正使用を推進し、緩和薬物療法の支援を行う

News

病院のご案内

TOP