各種証明書の交付と窓口業務

各種証明書および手数料について

① 証明書交付願に必要事項を記入し、所定手数料を添えて申請してください。
② 各種証明書の発行は、原則として申請のあった日から1 週間後となりますので、必要な時は早めに申請してください。
③ 休暇中・卒業後で来校できない場合は、必要とする証明書・氏名・学年(卒業生は卒業年度)・郵送先・連絡先等を記載し、手数料と送料を郵送すれば発行します。
項目手数料備考
在学証明書 300円在学生のみ
卒業見込証明書 300円在学生のみ
卒業証明書 300円 
単位修得証明書 300円 
成績証明書 300円 
上記以外の証明書 300円 
外国文証明書 1,000円 

受験料

追試験および再試験等の受験料については次のとおりです。
受験に当っては受験願に必要事項を記入し、所定受験料を添えて事務室に申請してください。
項目手数料備考
追試験料 1,000円1科目あたり
再試験料 1,000円1科目あたり
追実習料 1,000円1科目あたり

休学願・退学願

<休学願>
病気、その他やむを得ない理由で3 カ月以上欠席する場合、休学を申し出なければなりません。
① 所定の「休学願」に休学理由を明記し、保証人連書のうえ、事務室に提出してください。
② 病気による休学の場合は、医師の診断書が必要です。また、外国語研修や留学による場合は、留学許可書等の資料も添付してください。
③ 休学期間中も、学費は全額納入しなければなりません。
④ 休学期間が終了して復学する場合は、所定の「復学届」に復学理由を明記し、事務室に提出してください。

<退学願>
事情により退学しなければならなくなった場合には、所定の「退学願」に退学理由を明記し、保証人連署のうえ、学生証を添付して事務室に提出してください。

その他の届出・願出

次の事由が生じた時は、所定用紙をもって事務室に願出、または届出をしてください。
書類名事由
住所変更届住所・電話番号等が変わったとき
氏名変更届氏名が変わったとき
保証人変更届保証人の氏名、住所等の変更が生じたとき
欠席届やむを得ない事由により、授業、試験、実習、ガイダンス等を欠席する(欠席した)とき。ただし、いかなる理由であっても公欠扱いにはなりません。
7日以上の病欠の場合は診断書を添付してください。
伝染性の疾患の場合は、治癒証明書を添付してください。
施設使用申請書施設を使用する1週間前まで
多目的グラウンド使用願(1)定期的に使用を希望する場合
毎月20日までに翌月1ヶ月の使用申請を提出してください。
(2)上記以外で使用を希望する場合
その都度、事務室へ使用願を提出してください。
備品借用願備品を借用する1週間前まで
課外活動届課外活動を行う1週間前まで
外部講師依頼書
マスメディア取材受付申請書取材、撮影等の10日前まで
事故報告書その事由が生じたとき速やかに届出てください
TOP