学生サポート・健康管理

在学生の皆さんへの勉学、生活、健康上の支援体制や相談窓口についてご案内します。

学生サポート

アドバイザー制

教員が少人数の学生を担当し、学生1人1人にきめ細かく学習上および生活面の指導・支援を行います。アドバイザーは、1年次から4年次まで継続フォローできるよう、原則交代しない体制をとっています。また学年を超えた交流が持てるよう編成していますので、積極的にアドバイザーを活用し、アドバイザーグループ懇親会に参加しましょう。
アドバイザーの役割
  1. 科目履修にあたり、学習目的・過去の履修状況・GPA評点等から履修計画・科目選択のアドバイスをおこないます。
  2. 学生生活・個人的な悩みや問題等に関する相談や就職・進学等について助言します。
  3. 質問や相談を受ける時間帯については、担当アドバイザー教員と打ち合わせをして決めますが、個別面接においては、アドバイザー教員から連絡があります。
  4. 原則年2回(前期・後期)、アドバイザー教員と学生との懇親会を開き、学年を超えた交流を深める機会を持ちます。

オフィスアワー制

授業についての質問や学業に関する相談について、教員が相談に応じることが出来る制度です。
曜日、時間帯、予約等を確認し、有効に活用してください。
相談可能日時など:各教員の研究室ドアまたはシラバスに連絡先等を掲示しています。

学生相談

学生の皆さんが抱えているいろいろな問題や悩み事に対し4名の教員が学生相談担当となっています。そのうちのどの教員でもかまいません。問題等の解決に向けて支援を行います。気軽に相談できますが不在の場合もありますので、事前にアポイントメントを忘れずにしましょう。
2階ロッカールーム横掲示板にて、学生相談員について紹介しています。

健康管理と健康相談等

学業を行っていくには、心身ともに健康であることが重要です。大学に入学したことによって、通学時間や生活のリズムが大きく変化することもありますから、体調には十分注意してください。なお、健康を損なうおそれのある喫煙は、健康の保持や増進に関わる者にとって、また集団生活をする上で好ましくありません。キャンパス内は校舎内外を問わずすべて禁煙です。

1.定期健康診断

毎年、全学年を対象に定期健康診断を実施しています。自分の健康は自分の手で管理し、進んで健康診断を受けてください。定期健康診断では、三島キャンパスにおいて胸部レントゲン検査・尿検査(全学年)、血液検査(1年生)などを実施します。やむを得ない事情で受けられなかった場合には、各自医学部附属静岡病院で受け、その結果を事務室へ報告してください。

2.健康保険証

親元から離れて生活をする学生は、必ず「健康保険遠隔地被保険者証」の交付を受けてください。この保険証は、親元から離れてその家族の一員が生活する場合に、健康保険組合等が発行するもので、緊急時の医療費負担を少なくするためのものですから、必ず発行してもらってください。在学証明書を添付して申請します。
(1)国民健康保険の場合:国保116条申請書を世帯主の市区町村役所に提出して、「被保険者証(学)」の交付を受けてください。
(2)社会保険の場合:遠隔地被保険者証交付申請書を世帯主の勤務先に提出して、「被保険者証(学)」の交付を受けてください。
(3)その他の健康保険については(2)に準じます。

3.健康管理室(保健室)

学生の心身の健康を管理し、かつ健康保持に関する相談等に対応するために、健康管理室を設けています。

(1)健康管理室利用時の対応

①学内で負傷した時や、気分が悪くなった時は、1階に保健室があり、保健師または校医が容態をみて対応します。
②休養が必要な場合は、保健室のベッドを利用できますが、必要な時に必要な人が利用できるようルールを守って利用してください。
③容態が悪い場合には、近医または医学部附属静岡病院への受診を手配することにしています。

(2)利用上のルール

ここは応急処置をする場所です。
保健室は、治療を行う場所ではありません。朝、家を出るときから身体の調子が悪い時や、家でのけがは必ず手当てをしてから登校しましょう。
一時的な休養の場所です。
ベッドは1時間休養すれば、回復する見込みのある時に限り使用できます。回復する見込みのない場合、帰宅して休養するか病院を受診してください。
内服薬は出しません。
内服薬が必要な方は医師の診察を受け、処方された薬を飲んで休養してください。

(3)保健室の開室時間

平日:9時~16時
*上記以外の時間は事務室まで連絡してください。

4.こころの相談室

大学生活を送る中で、不安なこと、友人などの対人関係の悩み、家庭や日常生活で困ったことがある時に、あなたの気持ちを自由に話し、相談することができます。相談室では、専門のカウンセラー(臨床心理士)がリラックスした雰囲気の中で、解決の糸口を見つけるお手伝いをします。相談方法については、予約優先になっています。
相談室開室日毎月 第3 火曜日 11:00~12:30
予約方法 (1) タイトル(件名)に【相談室希望】と書いて、「学籍番号」「氏名」「相談希望日時」を、事務室相談窓口まで送信してください。
(2) 予約が確定したら、詳細をメールでお知らせします。
(3) 相談日は、直接相談室にお越しください。
≪ プライバシーは固く守られます ≫
その他相談室開室日で、ドアが開放されている時間は、自由に訪問することができます。

5.附属病院への受診

学生及びその家族が、医学部附属静岡病院を受診する場合には、診療費の割引制度があります。受診手順の概要は、次のとおりです。なお、その他の附属病院においても割引制度がありますが、必要書類や提出先が異なりますので、事務室へお問い合わせください。

(1)外来受診を受ける場合

≪初診の場合≫
①外来診療費減免願発行事務室に申し出て交付を受けてください。(緊急の場合には電話)
ただし、実習中の学生は実習担当教員に申し出てください。
(後日事務室にて発行手続きをとります)
家族の場合は「親族証明書」の交付を事務室で受けてください。
②診療費減免願手続き次の書類を受診する附属病院に提出し、減免手続きを行ってください。
(外来診療費減免願、健康保険証、学生証)
提出先:順天堂大学医学部附属静岡病院 初診受付
③カルテ・診察券作成初診受付にて受診の手続きを行ってください。
④受診診療科外来受付にカルテ、診察券を提出し受診してください。
⑤受診後医師より回答書等を受領した場合、事務室へ提出してください。
≪再診の場合≫
再診受付自動再診受付機に診察券を入れて受診の手続きを行ってください。

(2)入院の必要が認められた場合

①入院手順次の書類を医学部附属静岡病院に提出してください。
<医師からの入院指示票、健康保険証、学生証、印鑑>
②入院診療費減免願事務室にて証明を受けたのち、提出してください。
減免対象外:室料差額、保険診療対象外の検査、処置材料料金等
また健康保険診療規定範囲外の手術、高価薬、入院等の料金が甚だしく高額に上る場合は、本人負担となることがあります。
提出先 上記減免手続き提出先と同じ

(3)外来診療受付時間

下記時間外で緊急の場合は救急外来の受診となります。
順天堂大学医学部附属静岡病院
 月曜日~金曜日土曜日
初診受付時間午前 6:00~11:30 6:00~10:30
午後 6:00~14:30
再診時の受付時間午前 6:00~11:30 6:00~10:30
午後 6:00~14:30
外来診察時間午前 8:30~ 8:30~
午後 13:00~

6.禁煙について

喫煙習慣は、ニコチン依存症という一種の薬物依存症で、喫煙による健康被害はすでに癌や心筋梗塞などの喫煙関連疾患として知られています。喫煙により、喫煙者のみならず受動喫煙のために家族や周囲の人々にまで、発癌などの健康被害を及ぼします。
三島キャンパスは敷地内全面禁煙です。喫煙スペースはありません。皆さんが実習を行う附属病院も同様に敷地内全面禁煙です。喫煙習慣を持たない健康的な学生生活を送りましょう。禁煙希望者は附属病院の禁煙外来を紹介します。
<参 考>
健康増進法 第二節第二十五条 受動喫煙の防止
学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。

7.大麻・危険ドラッグについて

最近、大麻汚染や危険ドラッグが拡がっています。大麻は「大麻取締法」の規制を受ける麻薬で、大麻に関連する精神障害をきたす場合もあります。危険ドラッグには、既に規制されている麻薬や覚醒剤の化学構造を少しだけ変えた物質が含まれており、体への影響は麻薬や覚醒剤と変わりません。それどころか、麻薬や覚醒剤より危険な成分が含まれて
いることもあります。1回の使用でも乱用となり、所持するだけで犯罪になります。軽い気持ちで絶対に手を出さないで下さい。自分が望まなくても薬物犯罪に巻き込まれることもあります。自分が望まない行為ははっきりと断わりましょう。
TOP