国家試験・進路サポート

国家試験のサポート

4年間のステップアップ方式による学習計画で合格を支援

国家試験対策では、いかに効率良く学習を行うかが大切です。本学部では、ベテラン教師陣と学生が一丸となって「全員合格!」を目指して頑張っています。
1・2年次
基礎練成
国家試験の学習は、1・2年次の授業で学ぶ形態機能学や薬理学、臨床医学などの専門基礎科目や基礎看護学などの基本的知識や技術が重要な土台となります。学年はじめに基礎学力テストを実施し、前年度の学習内容が身についているかどうかを確認します。
3年次
実習を通じて
3年後期に臨地実習が始まります。授業で学んだ知識や技術を実践に結びつけ体得することができ、最良の国家試験対策の場となります。実習開始前には国家試験ガイダンスや模擬試験も実施し、その後の自己学習への意欲を向上させます。
4年次
実践対策
4年次では、学生自らが選出した試験対策委員が指導教員と協働しながら、模擬試験や補講計画を立案し学年全体で国家試験に取り組む雰囲気づくりをします。数回にわたり模擬試験を実施し、指導教員による丁寧な個別指導等を通して苦手科目克服の支援をします。さらに試験直前には健康管理・生活習慣づくりの支援をしていきます。

卒業後の進路サポート

経験豊富な教員がアドバイス

一人ひとりが希望の進路に進むために、順天堂静岡病院をはじめとする医学部附属6病院や他の実習医療機関等への就職、さらに大学院や専攻科への進学を、教員が丁寧にサポートしています。入学時から何を学び、どんな準備をしていけばよいか適時アドバイスし、就職試験の面接や小論文などの指導や卒業後のフォローも行っています。
医学部附属6病院の看護部長による病院説明会の開催では、病院の研修体制・採用情報や卒業生からの情報を提供しています。また、保健師・看護師統合カリキュラムの強みを活かし、県や市町村、企業の健康管理部門への保健師としての就職をサポートします。
TOP