カリキュラム概要

カリキュラム 4つの科目群

保健看護学部では、科学的根拠に基づいた看護基礎能力を身につけ、心身を癒す看護実践能力を身につけていくためのカリキュラムを用意しています。4年間で4つの科目群「人間と教養」「人間の健康」「看護の理論と方法」「保健看護の統合と発展」を段階的に学んでいきます。
人間と教養
人間と教養
人間の本質と生命の尊厳を学習し、豊かな人間性を養うと共に、人間をとりまく社会や自然に対する洞察力・理解力を養い、現代社会に必要なスキルを習得。生涯にわたり自己研する態度と方法論を身につけます。
人間の健康
人間の健康
個人、家族、地域社会で生活する人々とその健康を支える社会的仕組みや環境に関する基本的知識を理解します。また、人間の生命の営み、健康の維持増進、疾病・障害の要因と病態・治療について科学的に学びます。
看護の理論と方法
看護の理論と方法
看護の理論と実践を系統的に学び、看護実践に必要とされる基本的な知識、技術及び態度を習得。各分野の概論、保健活動論、看護方法論を学び、その知識と技術をもとに看護実習を行って看護実践力を養います。
保健看護の統合と発展
保健看護の統合と発展
看護の今日的な課題やテーマについて、関連分野との関わり統合して理解し、将来的な課題と方向性を考えます。この科目群では課題を掘り下げ、質の高い看護を提供し、看護の発展に貢献できる能力を養うのが目的です。

4年間のステップアップ

各科目群を基礎・教養から応用・実践へと、年次に応じてステップアップしていきます。

4年間のステップアップ

カリキュラム概念図

カリキュラム全体の概念を図示したものです。卒業後の進路を見据えた上で、座学と実習の学びが有機的に連携し、実のある技能を身につけていきます。

カリキュラム概念図

TOP