江口 晶子

江口 晶子
(Akiko EGUCHI)
講師
江口晶子
主要担当科目地域生涯保健活動論、公衆衛生看護活動論Ⅰ、公衆衛生看護活動論Ⅱ、地域健康危機管理論、地域ケアシステム論、公衆衛生看護実習ⅠⅡ、産業看護実習
専門分野公衆衛生看護学
研究テーマ発達障害児の早期支援について、行政保健師の倫理について、児童虐待について
所属学会・研究会日本公衆衛生学会、日本公衆衛生看護学会、日本子ども虐待防止学会、日本健康福祉政策学会、日本地域看護学会
取得学位修士(看護学)静岡県立大学 2010

学生へのメッセージ

住民(患者)の生活の営みに寄り添える看護職をめざし、一人の生活者としても成長できる4年間を送ってください。ご一緒にがんばりましょう。

最近の研究と活動

主な社会活動

  • 静岡県社会福祉審議会児童福祉専門分科会児童虐待検証部会委員(2012.1~現在にいたる)
  • 静岡県静岡市新任期保健師研修講師(2012.4~2015.3)

論文等

  • いのちの地域ケア 第3版 いのちの倫理を考える,やどかり出版,2014.(分担執筆)
  • 現代公衆衛生学 第2版 グローバル化・健康福祉政策と公衆衛生・倫理,クオリティケア,2013.(分担執筆)
  • 太田ステージによる自閉症療育の宝石箱,日本文化科学社,2011.(分担執筆)
  • 三輪眞知子,長谷川喜代美,江口晶子,鈴木ふみえ:実践活動を改善する力を育成する方法,梅花女子大学看護学部紀要,4,19-23,2014.
  • 江口晶子,中島沙織,松田正己:保健・医療の市場化による国の崩壊と再生の歴史-アメリカ「市場化の失敗」イギリス「医療制度の崩壊」それぞれの「再生」から日本が学ぶこと,精神保健福祉ジャーナル響き合う街で,49(5),10-15,2010.

研究発表

  • 江口晶子,長谷川喜代美,三輪眞知子:1歳6か月児健康診査における発達障害児に対する発達評価の現状-シンボル機能の形成に焦点をあてて,日本公衆衛生看護学会第2回学術集会,2014.
  • M. Matuda, M. Ooishi, K. Furukawa, A. Eguchi: Disaster Nursing - Roles and Functions of Nurses in Disaster on the Preventive Efforts and Care for the Elderly and Disabled People in the Community in accordance with Universal Health Care, The 1st International Nursing Conference, 2014.
  • 江口晶子,長谷川喜代美,三輪眞知子:発達障害児とその親に対する早期支援の検討-保健師による支援ニーズの認識と支援の実際に焦点をあてて,日本地域看護学会第15回学術集会,2013.
  • M.Matsuda, A.Eguchi, A.Tsuchiya, K.Hasegawa: Changes in Health Promotion Measurers in Shizuoka Prefecture, Japan: Initiatives by Public Health Nurses to extended Healthy Life Expectancy, 21st IUHPE World Conference on Health Promotion, 2013.
  • K.Ota, CHAN Moon Fai, J.Maeda, Tiew Lay Hwa, M.Yahiro, A.Eguchi, T.Yamaguchi, M.Matsuda: Development of International Patient Dignity Scale, 14th International Nursing Ethics Conference. 2013.
  • K.Ota, T.Yamaguchi, M.Yahiro, A.Eguchi, Y.Niimi, J.Maeda, M.Matsuda: The relationship between patients’ expectations of dignity and privacy, 23rd Summer Institute in Nursing Informatics, 2013.
  • 江口晶子,三輪眞知子,長谷川喜代美:発達障害児の教育,保育における発達等の評価とそれに基づく実践の現状,第71回日本公衆衛生学会総会,2012.
  • 江口晶子,土屋厚子,長谷川喜代美:静岡県における健康増進対策の変遷-健康寿命延伸への取り組みの実際,日本健康福祉政策学会第16回学術集会,2012.
  • K.Ota, M.Yahiro, A.Eguchi, T.Yamaguchi, Y.Niimi, J.Maeda, M.Matsuda, E.Konishi: Towards creating an international Patient Dignity Scale: The development of a Japanese version as the first step. 13th International Nursing Ethics Conference, 2012.
  • 江口晶子,松田正己:行政保健師が住民のおかれた状況のもつ意味と自らのかかわる意味を見出すプロセス,第69回日本公衆衛生学会総会,2010.

研究助成

  • 2014~2016年度 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)「発達障害児に対する1歳6か月児健診からの早期継続支援プログラムの開発」(研究代表者)
  • 2013~2015年度 公益財団法人生存科学研究所「高齢者・障害者等の生存に関わるユニバーサル・ヘルスケア(UHC)と福祉・社会保障の研究」(共同研究者)
  • 2007年度 厚生労働科学研究費補助金(政策科学推進研究事業)「保健師活動における乳幼児の虐待発生予防のための方策に関する研究」(研究分担者)
  • 2006~2009年度 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C)「子ども虐待を未然に防ぐ予防的家庭訪問プログラムの開発」(研究分担者)
  • 2001~2003年度 日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B)「女性のライフステージと健康特性に基づいたヘルスプロモーション・モデルの開発」(研究分担者)
TOP