古川 亮子

古川 亮子
(Ryoko FURUKAWA)
先任准教授
教員詳細
主要担当科目母性看護学概論、女性保健活動論、周産期看護方法論①・②、母性看護学実習
専門分野母性看護学、助産学
研究テーマ家族サポート
里帰り分娩
親子愛着形成
夫婦関係
家族関係
周産期におけるICT活用
所属学会・研究会日本助産学会
日本母性衛生学会
Sigma Theta Tau International
Mixed Methods International Research Association
International Family Nursing Association
取得学位 PhD (Nursing) The University of Iowa 2011

学生へのメッセージ

大学では、自分の未来を切り開いていけるような様々な経験してください。
また、色々な人と関わることで人(自分を含め)を思いやる気持ちを育てていって下さい。

最近の研究と活動

主な社会活動

  • 京都母性衛生学会 理事 (2012~2016.3)
  • 京都大学学際融合教育研究推進センター学融合フェロー(C-PIER fellow)(2012.4~2013.3)
  • 第30回日本助産学会学術集会 準備委員(2014.6~2016.3)

著書・テキスト等

  • 古川亮子.母性・小児実習ぜんぶガイド(p.7-p.71).プチナース2017年5月増刊号、照林社、2017年.
  • (共著)我部山キヨ子、武谷雄二編集.第3章 助産学を支える理論と研究 B研究と助産師(p. 62-86).基礎助産学[1] 助産学概論 (第5版 第4刷)(助産学講座)、医学書院、2017年.
  • (共著) 任和子編集.PART4 母性看護学実習の看護過程の展開(p. 123-154)(第3刷).プチナースBOOKS 領域別看護過程展開ガイド、照林社、2016年.
  • 古川亮子.母性実習 まるごと解決!【アセスメント】【看護診断】【ケア】(p.13-p.31).プチナース2016年7月号、照林社、2016年.
  • 古川亮子(監修).miniBOOKS 母性看護データBOOK、プチナース2016年7月号別冊付録(p. 1-p.35)、照林社、2016年.
  • (共著)我部山キヨ子、武谷雄二編集.第3章 助産学を支える理論と研究 B研究と助産師(p. 62-86).基礎助産学[1] 助産学概論 (第5版 第3刷)(助産学講座)、医学書院、2016年.
  • (共著) 任和子編集.PART4 母性看護学実習の看護過程の展開(p. 123-154).プチナースBOOKS 領域別看護過程展開ガイド、照林社、2015年.
  • 任和子(監修).病期・発達段階の視点でみる疾患別看護過程 帝王切開(p. 1-20).プチナース2015年11月号 別冊、照林社、2015年.
  • (共著)我部山キヨ子、武谷雄二編集.第3章 助産学を支える理論と研究 B研究と助産師(p. 62-85).基礎助産学[1] 助産学概論 (第5版 第1刷)(助産学講座)、医学書院、2015年.
  • 任和子監修.母性看護学実習の看護課程展開(p. 73-99).プチナース2013年5月臨時増刊号 領域別看護過程展開ガイド、照林社、2013年.

学術論文等

  • Furukawa, R., Driessnack, R., & Eiko Kobori (2017; in press). The impact of a video-mediated communication on separated perinatal couples in Japan. Journal of Transcultural Nursing. DOI: https://doi.org/10.1177/1043659617692394
  • Furukawa, R., & Driessnack, R. (2016). Testing the committee approach to translating measures across cultures: Translating primary communication inventory from English to Japanese. Nursing and Health Sciences, 18(4), 450-456.
  • 古川亮子. (2016). 分離型里帰り分娩におけるビデオ会話の家族サポートへの効果の検討.平成24-27年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書, 2016.
  • 木下理映子, 古川亮子. (2015). 大学生における性教育の必要性についての検討. 京都母性衛生学会誌, 23(1), 13-20.
  • 古川亮子, 我部山キヨ子, 千葉陽子. (2015). 本学における国際助産実習の取り組み-Oregon Health & Science University の視察を通して-. 助産雑誌, 69(4), 336-340.
  • 古川亮子. (2014). 看護研究におけるインターネット調査の利用. 看護研究, 47(5), 462-470.
  • 小林詩歩, 古川亮子. (2014). 性教育の現状と思春期における助産師の関わりについての検討. 京都母性衛生学会誌, 22(1), 45-54.
  • Furukawa, R., Driessnack, M., & Colclough, Y. (2014). A committee approach maintaining cultural originality in translation. Applied Nursing Research, 27, 144-146.
  • Furukawa, R., & Driessnack, R. (2013). Video-mediated communication to support distant family connectedness. Clinical Nursing Research, 22(1), 82-94.
  • 古川亮子. (2013). 分離型里帰り分娩を選択した夫婦のビデオ会話利用の効果. 母性衛生, 53(4), 467-477.
  • Daack-Hirsch, S., Driessnack, M., Perkhounkova, Y., Furukawa, R., & Ramirez, A. (2012). A practical first step to integrating genetics into the curriculum. Journal of Nursing Education, 51(5), 294-298.
  • Driessnack, R., & Furukawa, R. (2012). Arts-based data collection technique used in child research. Journal for Specialists in Pediatric Nursing, 17, 3-9.
  • 古川亮子. (2012). Mixed Methodsを用いた看護研究の提案. 看護研究, 45(2), 188-192.
  • 古川亮子. (2012). 日本の周産期医療におけるインターネットの利活用. 健康科学, 17, 69-73.
  • Furukawa, R. (2011). Using video-mediated communication to support pregnant couples separated during satogaeri bunben in Japan (Doctoral dissertation). The University of Iowa, Iowa, USA. 
  • 古川亮子. (2006). 両親学級の実態からみた妊婦教育の課題. 母性衛生, 47(2), 290-298.
  • 古川亮子. (2005). 新潟県の妊婦教育における両親学級と母親学級の実態と課題(第一報). 母性衛生, 46(2), 348-357.
  • 古川亮子. (2003). 再び海外で学ぶという選択“5年後の自分”を想像しながら. Nursing Today, 23(14), 62.
  • 古川亮子. (2003). 看護職が提供する多領域Care Management. Quality Nursing, 9(10), 49.
  • 古川亮子. (2003). 私の留学体験記-What a Wonderful Life(3)大学院で学んだこと. Nursing Today, 18(10), 59-61.
  • 古川亮子. (2003). 私の留学体験記-What a Wonderful Life(2) 大学院入学までの道のり. Nursing Today, 18(9), 64-65.
  • 古川亮子. (2003). 私の留学体験記-What a Wonderful Life (1) 出発までの日々. Nursing Today,  18(8), 60-61.
  • 古川亮子. (2002). 米国でCare Managementを学んでいます. 看護教育, 43(2), 162-163.
  • 古川亮子. (1999). 助産婦教育課程における自宅分娩見学の効果. 助産婦雑誌, 53(1), 72-78.
  • 古川亮子、井上正美、村山ヒサエ、高橋初美. (1998). 看護学生における夫立ち会い分娩の意識調査. 新潟県立看護短期大学紀要, 4(別冊)、165-172.

研究発表

  • 古川亮子. (2017年3月). 分離型里帰り分娩を選択した夫婦の関係性についての検討. 第31回日本助産学会学術集会, 徳島.
  • 豊本 莉恵, 古川亮子. (2017年3月). 日本の助産師における二次受傷の現状. 第31回日本助産学会学術集会, 徳島.
  • 久野佐智子, 古川亮子. (2017年3月). グアテマラ共和国の農村部における現在の伝統的産婆の役割と実践. 第31回日本助産学会学術集会, 徳島.
  • 古川亮子, 西野友子. (2016年10月). 分離型里帰り分娩の実際. 第57回日本母性衛生学会, 東京.
  • Furukawa, R., & Driessnack, R. (2015, September). The impact of a video-mediated communication intervention on couples’ communication satisfaction while separated during satogaeri bunben. MMIRA Asia Regional Conference 2015, Osaka, Japan.
  • Furukawa, R., & Driessnack, R. (2015, July). Moving beyond back translation-Using the committee approach to create the Japanese version of the primary communication inventory (PCI). The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015, Yokohama Kanagawa, Japan.
  • 首藤梨沙, 石井鮎子, 大西永子, 古川亮子. (2014年9月). 1ヶ月健診時の母乳栄養確立に関連する因子の検討. 第55回日本母性衛生学会, 千葉.
  • 石井鮎子, 大西永子, 金澤友里, 古川亮子. (2013年10月). 産褥3日の1回直接母乳量による母乳栄養確立の指標の検討. 第54回日本母性衛生学会, 埼玉.
  • 古川亮子. (20011年9月). 里帰り分娩中に別々に暮らす夫婦のサポート手段としてのビデオ会話の効果の検討. 第52回日本母性衛生学会, 京都.
  • Furukawa, R., Driessnack, M., & Hourcade, J. P. (2011, March). Video-mediated communication as a new tool to support family connectedness. 35th Midwest Nursing Research Society, Ohio, USA.
  • Furukawa, R., Hourcade, J. P., & Driessnack, M. (2010, April). Maintaining family connectedness using video-mediated communication: An exploratory study. 11th Annual Student Interdisciplinary Health Research, Iowa, USA
  • Kleiber, C., Furukawa, R., et. al. (2010, April). 4.    Evidence-based pediatric pain management (EBPPM) in urban and rural emergency departments: Perspectives of nurses and providers. 34th Midwest Nursing Research Society, Missouri, USA.
  • Furukawa, R., Hourcade, J. P., & Driessnack, M. (2010, April). Maintaining family connectedness using video-mediated communication: An exploratory study. 34th Midwest Nursing Research Society, Missouri, USA.
  • Daack-Hirsch, S., Driessnack, M., Perkhounkova, Y., Furukawa, R., et. al. (2010, April). Measuring genetic literacy of nursing students. 34th Midwest Nursing Research Society, Missouri, USA.
  • 古川亮子, 佐山光子. (2004年11月). 新潟県における妊婦教育の実態調査-両親学級と母親学級の比較(第1報). 第31回新潟母性衛生学会学術集会, 新潟.
  • 古川亮子, 佐山光子. (2004年9月).  新潟県の妊婦教育における両親学級と母親学級の実態と課題(第一報). 第45回日本母性衛生学会, 東京.
  • Furukawa, R. (2002, April). Postpartum depression in the world. Division of Nursing & Respiratory Care 4th Annual Nursing Research Symposium, Virginia, USA.
  • 古川亮子, 井上正美, 村山ヒサエ, 高橋初美. (1997, 10月). 看護学生における夫立会い分娩の意識調査. 第38回日本母性衛生学会学術集会, 鹿児島.

研究助成等

  • 2012 平成24年度科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究(研究代表者). 研究課題「分離型里帰り分娩の実情とサポートシステム」(課題番号24660001)
  • 2010 T. Anne Cleary International Dissertation Research Fellowship (The University of Iowa,  Center for Asian and Pacific Studies)
  • 2010 Graduate College Summer Fellowship (The University of Iowa, Graduate College) 
TOP