近藤 ふさえ

近藤 ふさえ
(Fusae KONDO)
教授
近藤ふさえ
主要担当科目成人看護学
専門分野成人看護学 慢性期にある対象の看護 
研究テーマ糖尿病患者の睡眠状態に関する研究
看護師の患者教育方法に関する研究
認知症高齢者とともに生活する主介護者の介護負担に関連した研究
所属学会・研究会日本看護科学学会
日本糖尿病看護・教育学会(政策委員会委員)
日本慢性病看護学会(評議員)
日本看護学教育学会
日本睡眠学会
日本精神学学会
取得学位博士(保健学) 杏林大学 2007

学生へのメッセージ

私の好きな言葉は「かけがいのない一人の存在としてのあなたと私」で、慢性病を持つ対象や学生と関わるときのPhilosophyとなっています。
みなさんも他者を分かろうとする気持ちを大切に、様々な人間関係の中で、自分を成長させていってほしいと思います。
志は高く目標は堅実に、自己研鑽を重ねながら一歩一歩「不断前進」で勉強や遊びを行っていきましょうね。

最近の研究と活動

著書・テキスト等

  • (共著):川野雅資監修 伊藤まゆみ編集 「成人看護学慢性期看護・ターミナルケア」 基礎編看護過程p124-127,代謝機能障害と生活への援助(糖尿病)p257-274,2007.4.
  • (共著):伊藤まゆみ監修 「慢性期看護・ターミナルケア・緩和ケア 対象とのコミュニケーションからケアに至るプロセス」 看護過程p106-109,代謝機能障害と生活への援助(糖尿病)p238-251,2010.4

論文等

  1. 近藤ふさえ,鈴木麻美,中島亨,田中伸一郎:就労している壮中年期2型糖尿病患者の睡眠状態の生理学的検討,平成19年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書,2008.
  2. Kondo fusae,Suzuki asami,Nakajima toru,Tanaka shinitiro:Actigraph: application for clinical situation Amount of activity increase during sleep in type-2 diabetes mellitus patients,Journal of internati-onal society of life information science 24(2), 435-439, 2006.
  3. 近藤ふさえ,土屋有利子,竹内千恵子,今留忍,佐藤澄子,鳥村祥子,古谷真実子,山本洋子,市村まゆみ,寺田阿津子,大木順子:新卒看護師と看護学生の基礎看護技術の経験に関する調査,杏林大学研究報告・教養部門23,79-93,2005.
  4. 岡美智代,近藤ふさえ, 伊波早苗,滝口成美, 河口てる子,患者教育研究会:看護の教育的機能向上のための『看護実践モデル』の検証および患者教育の体系化,平成13年度~平成16年度科学研究費補助金(基礎研究(B)(1))研究成果報告書,2005.
  5. 近藤ふさえ,丸山昭子:看護学生の高齢者とのかかわり体験と高齢者イメージとの関連性,日本医学看護学教育学会誌13,18-25,2004.
  6. 岡美智代,伊波早苗,滝口成美,近藤ふさえ,中野裕子,神田清子:行動変容を促す技法とその理論・概念的背景,看護研究36(3),39-49,2003.
  7. 近藤ふさえ,大場道子,浅間泉,西川あや子,石田均:患者教育指導における看護婦の教育指導技法-糖尿病患者への教育指導場面の内容分析をとおして-杏林医学会誌32(4) 2001.
  8. 岡美智代,神田清子,近藤ふさえ,河口てる子:慢性疾患患者の主体性,自己決定とセルフケア推進のための患者教育方法の開発-患者教育方法に関する知識・技術(事例への適応),平成9年度~平成12 年度科学研究費補助金(基礎研究(B)(2))研究成果報告書,2001.
  9. 岡美智代,神田清子,近藤ふさえ,河口てる子:慢性疾患患者の主体性,自己決定とセルフケア推進のための患者教育方法の開発-患者教育方法に関する知識・技術(概論/理論編),平成9年度~平成12 年度科学研究費補助金(基礎研究(B)(2))研究成果報告書,2001.
  10. 古家明子,近藤ふさえ:成人看護学教育におけるシミュレーション型CAIの学習効果,看護研究33(1) 61-70,2000.
  11. 佐藤和子,吉尾千世子,近藤ふさえ,中村恵子:成人・高齢者看護学実習における看護学生の不安に関する研究,日本医学看護学教育学会誌9,45-48,2000.

研究発表

  1. 近藤ふさえ 中島亨, 鈴木麻美,田中伸一郎,田中利明, 古賀良彦, 石田均:2型糖尿病患者の睡眠状態の生理学的検討-健康な成人と介護福祉施設入所高齢者とのび就寝前血糖値、OSA睡眠調査表との関連-,第31回日本睡眠学会,大津,2006.
  2. 近藤ふさえ,中島亨,鈴木麻美,田中伸一郎:2型糖尿病患者の睡眠-携帯型身体活動測定器を用いた分析-,第102回日本精神神経学会総会,福岡,2005.
  3. 近藤ふさえ,鈴木麻美,浅間泉:2型糖尿病と睡眠に関障害に関する文献学的考察,第10回糖尿病教育・看護学科,福岡,2005.
  4. 近藤ふさえ,堤かおり:2型糖尿病をもつ壮年期有職者の抱える治療上の困難,第8回日本糖尿病教育看護学会,新潟,2004.
  5. 堤かおり,近藤ふさえ:外来通院患者の2型糖尿患者の実態調査-壮年期有職者の疾病に対する認識と生活の変化-その1,第34回日本看護学会成人Ⅱ,和歌山,2004.
  6. 近藤ふさえ,堤かおり:外来通院患者の2型糖尿患者の実態調査-壮年期有職者の疾病に対する認識と生活の変化-その2,第34回日本看護学会成人Ⅱ,和歌山,2004.
  7. 近藤ふさえ,丸山昭子:看護学生の高齢者とのかかわり体験と高齢者イメージとの関連,日本医学看護学教育学会,島根,2003.
  8. 近藤ふさえ:患者教育指導における看護婦の教育指導技法-糖尿病患者への患者教育指導場面の内容分析をとおして-,第17回日本健康科学学会学術集会,金沢,2001.
  9. 森川浩子,新藤幸恵,中村恵子,R.島崎玲子,野々村典子,村中陽子,高田昌代,谷口初美,近藤ふさえ:今,看護教育にもちいられているCAIの紹介と今後の課題,第20回日本看護科学学会学術集会,東京,2000.
  10. 近藤ふさえ,大場道子,西川あや子,田野裕子,浅間泉:糖尿病患者への教育指導場面における教育技法の検討-対話の図式化を試みて-,第5回日本糖尿病教育・看護学会,浜松,2000.
  11. 河口てる子,安酸史子,岡美智代,大池美也子,下村裕子,林優子,小長谷百恵, 小林貴子,近藤ふさえ, 東めぐみ,小田和美,横山悦子,他患者教育研究会メンバー,The 18th International Nursing Research Congress Focusing on Evidence-Based Practice, POSTERS: Chronic Illness,2008.Nursing Model on Education1: “Lead/cue words or behaviors and their intuitional interpretation”
  12. 河口てる子,安酸史子,岡美智代,大池美也子,下村裕子,林優子,小長谷百恵, 小林貴子,近藤ふさえ, 東めぐみ,小田和美,横山悦子,他患者教育研究会メンバー,The 18th International Nursing Research Congress Focusing on Evidence-Based Practice, POSTERS: Chronic Illness,2008.②Nursing Model on Education2: “Sharing Facts and their Implications with the patient”
  13. 河口てる子,安酸史子,岡美智代,大池美也子,下村裕子,林優子,小長谷百恵, 小林貴子,近藤ふさえ, 東めぐみ,小田和美,横山悦子,他患者教育研究会メンバー,The 18th International Nursing Research Congress Focusing on Evidence-Based Practice, POSTERS: Chronic Illness,2008.Nursing Model on Education 3: “Professional Learning Climate as a Patient Education Expert” and “Stepwise Searching and Problem-solving Educational Method ”
  14. 近藤ふさえ,鈴木麻美,中島亨,田中信一郎:Physiological Study of the Sleep State of Employed Middle-Aged Patients with Type 2 Diabetes Mellitus,The 19th International Nursing Research Congress Focusing on Evidence-Based Practice, POSTERS: Chronic Illness,2008.
  15. 堤かおり,近藤ふさえ:Association between consciousness of lifestyle with type 2 diabetes of working, middle-aged subjects and glycemic control status,2008.

研究助成等

2007年 日本学術振興会科学研究費補助金 萌芽研究 (研究代表者), 研究課題「就労している壮中年期2型糖尿病患者の睡眠状態の生理学的研究」課題番号:19659595,
TOP