2016年3月8日 保健看護学部の人 教員

「看護の楽しさ」を知り、私たちと一緒に夢を叶えましょう。

「看護の楽しさ」を知り

看護というのはとても楽しいものだと、私は考えています。自ら触れ合うことで患者さんが良くなっていくところを間近に見られる。自分が考え、工夫して提供した看護が、患者さんの反応として返ってくる。そして患者さんやご家族から感謝の言葉をいただくこともできる。そんな嬉しいことも、また大変なことも、すべてをひっくるめて「看護は楽しいんだ」ということを、授業を通して伝えたいと思っています。
ここ三島キャンパスは、豊かな自然に囲まれ、富士山を眺めながらのびのびと学習できる場所です。設備も新しくて充実していますし、学生同士はもちろん、学生と教職員との距離も近いので、安心して学びに没頭することができるでしょう。この恵まれた環境で、皆さんには豊かな感性と教養を身につけてほしい。そして看護はもちろん、あらゆることに主体性をもって取り組めるようになっていくことを願っています。
今、胸に抱いている【看護師になる」「保健師になる」という夢を、私たちとともに叶えませんか。ここでは一人ではありません。その志を、教職員も学生も、みんなが応援していますよ。

高齢者看護学 助教 黒川 佳子

前のページに戻る

TOP