順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
学生相談室・健康管理室

学生相談室・健康管理室

学生相談室

学生相談室とは、皆さんが学生生活を送る上でいろいろな悩みや不安に対する解決方法を探すお手伝いをし、充実したキャンパスライフを送ることができるようサポートするところです。相談員は学内の専任教員(医師・精神保健福祉士・臨床心理士を含む)から構成されています。相談を希望する場合は、事前に学生課(1号館1階内線245)または健康管理室(1号館1階 内線225)に申し出てください。

例えば

  • 心身の健康について
  • 学業について
  • 課外活動について
  • 対人関係について
  • 将来の職業・進路について
  • 日常困ったこと
  • その他なんでも
誰かに相談したいと思った時にはためらわずに『学生相談室』へ、あなたの相談については固く秘密を守ります。

定期健康診断

定期健康診断は「学校保健安全法」に基づいて毎年4月初旬に実施しています。全学生を対象に受診が義務づけられていますので、全員必ず受診してください。健康診断を受診しなければ、就職・試合・学外学習などに際して必要な健康診断証明書の発行ができません。本学で受診できなかった学生は最寄りの医療機関を受診し、診断書(自己負担となります)を発行してもらい健康管理室に提出してください。

健康管理室

健康管理室では2名の看護師が常駐しており、3名の校医とともに学生の皆さんが心身ともに健康で充実した学生生活が送れるようサポートしています。なお、状況に応じて医学部附属病院や近隣の病院を紹介します。気軽に利用してください。

学生相談室

健康管理室では以下の業務を行っています。
  1. 学生・教職員の健康管理
  2. 外傷・急病時の応急処置と救護
  3. 医学部附属病院ならびに近隣医療機関への紹介
  4. 健康診断証明書の発行
  5. 診療費減免願の発行
  6. 定期健康診断実施と結果通知および保健指導 

開室時間・場所

月~金曜 9:00~17:10  土曜 9:00~13:00(第2土曜除く)
1号館1階

健康保険証について

急な怪我や病気に備えて『健康保険証』は必ず携帯してください。保険証が個人カードの場合はそのまま持参してください。保険証が家族と同一の場合には「遠隔地被保険者証」の交付を受けておくことをお勧めします。入学後に各自で加入している健保組合で所定の手続きを行ってください。

手続方法
在学証明書(住民票が必要な場合もある)を扶養者が加入の健康保険証取扱所(社会保険は勤務先、国民保険は役所)へ提出すれば交付されます。住民票が必要な場合には事前に帰省地の役所で転出証明をもらい、現住所管轄の役所に転入届を提出しておく必要があります。

医薬品の提供について

健康管理室では体調不良に備え、かぜ薬や鎮痛剤などの医薬品を常備し提供してきました。しかし、薬事法改正により医師の指示がある場合などを除き、健康管理室での医薬品の提供はできなくなりました。また、体質に合わない薬を内服することで重篤な副作用が出る恐れがあるため、体調不良時には医療機関を受診するか、かかりつけ医に相談の上、緊急時に対応出来る自分に合った薬を常備して下さい。

AEDについて

順天堂大学さくらキャンパスでは、14箇所にAEDを設置しています。 
AEDとは、自動体外式除細動器といわれるもので、突然の心停止(心室細動など)が起こったときに心臓に電気ショック(除細動)を与えて心臓機能を回復するための機器です。

AED

AED

AED設置場所

学内の詳しいAED配置図
  1. 健康管理室
  2. 守衛所
  3. 第1体育館(バレー館側)
  4. 第1体育館(トレ室入口階段下)
  5. サッカーグランド(蹴球部 部室)
  6. 第2体育館
  7. 陸上競技場(雨天走路横倉庫内)
  8. 学生食堂内(食券売機横)
  9. 学生寮(男子寮務室)
  10. 学生寮(女子寮務室)
  11. スポーツ医学(ハイテクリサーチセンター4階 内科研究室)
  12. 運動生理学実験室
  13. 2号館1階入口(エレベーター前)
  14. 健康管理室前自動販売機内 
    健康管理室では、年数回、講習会を開催し救命講習修了証を発行しています。

倒れている人を発見したら

  1. 肩をたたいて、意識の確認
  2. 意識がなければ大声で助けを呼ぶ 
    「119番に電話!」 「AED!」
  3. あごを挙げ口元に頬を寄せ呼吸を確認
  4. 呼吸がなければ2回の人工呼吸
  5. 息・咳・体動がなければ30回の心臓マッサージ
  6. AEDで電気ショック
  7. 心臓マッサージを続けながら救急車到着を待つ