順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
奨学金

奨学金

日本学生支援機構奨学金

『日本学生支援機構』とは、主に学生に対する奨学金貸与事業や、留学支援、また外国人留学生の就学支援を行っている独立行政法人通則法に基づく独立行政法人です。経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学資として奨学金が貸与されます。貸与終了後は返還の義務があり、必ず返還しなければなりません。返還が滞ると、法的手続きがとられます。なお、返還中に病気・失業などで、返還が困難になった場合は状況に応じて割賦金額を減額して返還期間を延長する制度や返還期限を猶予する制度等があります。

申込にあたって

貸与を受けようとする学生は、あなたの家庭の経済状況やあなたの人生・生活設計に基づき、奨学金の貸与を受ける必要性、返還時の負担などを十分考慮し、学資として必要最小限の金額を選んで申し込んでください。申込に基づいて選考を行い、採用の可否を決定し、結果を大学から通知します。

所得連動返還型無利子奨学金制度

第1種奨学金の貸与終了後、貸与を受けた本人が一定の収入を得るまでの間、奨学金の返還期限を猶予する制度です。第2種奨学金は対象となりません。

奨学金の種類

① 第1種奨学金 (無利子貸与)
《学部》
選考特に優れた学生で経済的理由により修学が困難な人に貸与します。
貸与月額 30,000円(自宅)54,000円(自宅外)64,000円

《大学院》
選考高度の研究能力を有し、経済的理由により修学が困難な人に貸与します。
貸与月額前期 50,000円 88,000円
後期 80,000円 122,000円

② 第2種奨学金 (有利子貸与)
《学部》
選考第1種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します。
貸与月額下記金額より選択できます。(自宅・自宅外に係らず、選択できます)
30,000円 50,000円 80,000円 100,000円 120,000円


《大学院》
選考第1種奨学金よりゆるやかな基準によって選考された人に貸与します。
貸与月額
前期・後期
50,000円 80,000円 100,000円 130,000円 150,000円

利息:在学中は無利息ですが、貸与終了後の翌月から月単位で利息が付きます。

※併用貸与について
経済状況により、第1種奨学金と第2種奨学金の両方を受けることができます。学力基準に加え、年収・所得額の上限について第1種よりさらに低い家計基準が適用されます。
③ 入学時特別増額貸与奨学金 (一時金、有利子貸与)

《大学・大学院対象》

選考第1種・第2種奨学金と併せて選考されます。第1学年の入学年月を始期として、希望により貸与をうけることができます。入学時特別増額貸与奨学金のみの申込はできません。申込は入学(編入学時)の1回に限ります。
貸与月額下記金額より選択できます。
10万円 20万円 30万円 40万円 50万円
④ 給付型奨学金
  
●平成29年度より特に経済的に厳しい学生(私立自宅外生、児童養護施設退所者等)を
   対象に実施されます。
   《給付基準》 ・自宅外生:家計 住民税非課税世帯(十分に満足できる高い学習成績を
            収めている)
          ・児童養護施設退所者等:大学等における学修に意欲があり、進学後に
           特に優れた学習成績を収める見込み
  ●平成30年度より、高校での推薦になる予定です。

採用の種類

①定期採用(毎年度4月に説明会を実施します。)
貸与期間第1種該当年度の4月から卒業予定期まで
第2種該当年度の4~9月間の希望月から卒業予定期まで
②予約採用について(大学のみ対象)
対象者高等学校で「平成○○年度大学等奨学生採用候補者決定通知」の交付を受けている学生
進学後の手続

入学後、学生課に「採用候補者決定通知【進学先提出用】」を提出
              ↓
識別番号(ID番号、パスワード)を受け取り、インターネットで進学届を提出
              ↓
採用者説明会に出席し、返還誓約書を提出
必ず定める期限までに手続きを行ってください。手続きを期限までに行わなければ、奨学金を辞退したものとみなされます。
③ 緊急採用(第1種)・応急採用(第2種)
家計支持者(父母、または父母に代わって家計を支えている人)の失業、破産、事故、病気、死亡等または火災、風水害等の災害により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする学生を対象とするものです。
随時募集を行っていますので、大学に相談してください。(但し、家計が急変してから12カ月以内に申し込む必要があります。)
貸与期間第1種随時から卒業予定年度(毎年度継続手続き)
第2種随時から卒業予定期
(申込は家計が急変してから、12カ月以内)

保証制度

①人的保証制度

連帯保証人及び保証人として定める条件を満たす人に自らが依頼し、奨学金の返還について連帯保証人及び保証人を引き受けてもらう制度です。
②機関保証制度

保証機関(協会)に一定の保証料を支払い連帯保証を受ける制度です。連帯保証人・保証人の届出は不要ですが、「本人以外の連絡先」を届け出る必要があります。
保証料は貸与月額から差し引かれます。

採用の申込について

J-Passにて、説明会の実施日を連絡しますので、出席してください。
書類を渡し、スケジュール、申込み方法等を説明します。
その他、詳細については日本学生支援機構のホームページをご覧ください。

日本学生支援機構ホームページ→http://www.jasso.go.jp

奨学金については、募集、継続、採用決定説明会の実施などをJ-Passで皆さんに案内をしますので、必ず確認をしてください。

在学猶予について

日本学生支援機構の奨学金貸与が終了した方へ

大学・大学院に在学中の方は、『在学猶予願』を提出すると、
返還開始が卒業まで猶予されます。
 
《在学猶予に該当するのは》
 奨学金の貸与が終了(辞退・廃止も含む)した後、
 ・進学した場合
 ・引き続き学校に在学する場合
  *在学猶予願の提出をしない場合
        ➡在学中であっても貸与終了後7ヶ月目から返還が開始となります。
 
◆在学猶予願(在学届) 提出の方法
  在学猶予願は、『スカラネット・パーソナル』を利用して提出できます。
 
 スカラネット・パーソナルに未登録の人は、日本学生支援機構のホームページ(http://www.jasso.go.jp/)から登録してください。
 
 在学猶予願手順
 ①日本学生支援機構スカラネット・パーソナルにログイン
 
 ②『各種届願・繰上』ボタンを押して、以降は次に進んでください。
 
 ③『在学猶予願 願出入力』画面で学校番号等を入力しなければなりません。
   入力内容は下記です。
 
   学校名の入力は、カタカナ・漢字とも大学を省略してください。
  ・学校番号       学生課までお問合せください。
  ・学校名(カタカナ) ジュンテンドウ
  ・学校名(漢字)    順天堂
  ※学校名(カタカナ)については、システム上、小文字(「ュ」、「ッ」等)は
    大文字(「ユ」、「ツ」等)に変換されます。

日本学生支援機構各種届・願 ダウンロード

下記の各種届・願は、書類をダウンロードして、記入後、学生課に提出して下さい。
辞退、休止等の届 異動届
本人・連帯保証人・保証人等の住所変更届 住所変更届
奨学金の振込口座の変更 奨学金振込口座変更願
学部 面接票 学部 面接票
大学院 指導教員所見 大学院指導教員所見
※上記以外の書類、相談は、学生課までお願いします。

地方公共育英団体・民間育英団体

地方自治体または民間団体が独自の方法により募集しているもので、出願方法や貸与・給付額が団体ごとに異なります。
こちらをクリックして参考にしてください。各団体のホームページにもリンクできます。

保護者会(さくら会)修学援助基金(大学対象)

学生の保護者が入学後、不慮の事故あるいは天災等により学費の支弁に困難を生じた時、学生を援助するためのものです。修学援助基金給付を希望する場合は、学生課に相談してください。

※上記以外にも奨学金の募集があります。募集内容等は学生課に問合せてください。