順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
アイスホッケー同好会

アイスホッケー同好会

2016アイスホッケー同好会TOP

ゼロから始めて試合に出よう!
週2回の氷上練習を基本に活動しています。夏には合宿、秋や冬には多くの大会に参加し、他学部や他大学との交流を深められるのも特長です。アイスホッケー未経験でも大丈夫。ゼロから始めてみませんか?

お知らせ

戦績報告

アイスホッケー同好会

平成26年度戦績

アイスホッケー同好会

平成25年度戦績

活動TOPICS

アイスホッケー同好会プロフィール

部員数

男子11名

実績

平成28年度関東大学アイスホッケーリーグ戦 ディビジョンⅣ 7位

目標ならびに抱負

 例年部員の引退により人数が減りチームの極端な弱体化が問題として挙げられるが、前年度は1年生がスポーツ健康科学部3人、医学部2人が加入し引退する人がいなかったため、戦力を落とさずに今シーズンを戦うことができる。これは例年にはないアドバンテージであり、チームの成熟が期待できる。しかし人数が少ないという問題は依然として解決されていないため、新入部員の確保にしっかりと力を入れなくてはならない。そのために、アイスホッケー同好会の周知と新入生にとって入りやすい雰囲気づくりを心がけなくてはならない。特に、アイスホッケー同好会の存在をスポーツ健康科学部の学生に知ってもらうためにビラの配布、ホームページの利用、食事会、そしてSNSにも力を入れていきたい。しかし、これにとどまらず来季のために改善策と、新たな案を部員で提案し、
実現する必要がある。
 チームとしては前にも述べたが人数的にも戦力的にも厳しい戦いが予想されるため、普段の一つ一つの氷上練習を無駄にせず、ミーティングを数多く行い、全員の意思の疎通と練習の効率化を図らなければならない。そして、今年の目標としては、去年降格してしまった4部リーグへ再び昇格することだ。そのため、勝利にこだわる意識とそれに伴った行動を行っていく向上心をもったチーム作りをしていきたい。
 最後に、お忙しい中私たちに協力してくださる菅波先生をはじめとする指導者、OBの方々の応援と期待に応えられるよう、部員一同精進していきたい。