順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス

JUTA(Juntendo University Trainer Association)

2016JUTA TOP

トレーナーの知識・技術を学び、部活の現場で実践する。
アスレティックトレーナーや選手のサポートに興味がある学生が集まり、ATRでの選手のケアやコンディショニング、勉強会などの活動を行っています。

お知らせ

戦績報告

活動TOPICS

JUTAプロフィール

部員数

男子59名、女子53名

目標ならびに抱負

 本来JUTAはトレーナーの勉強がしたい学生の集まるサークルです。ですが現状は全員がトレーナーを目指しているわけではありません。むしろ企業や教職等の公務員を目指す人の方が多いくらいです。組織の中にはトレーナーズルームの運営を担うATR委員の他にイベント委員、広報委員とあり各々がどれかに所属する仕組みになっています。私は今年度から代表となりますが、先輩方が築き上げてきて下さったものを残す一方で、昨年度よりもさらに各々が自分の勉強したことや将来やりたいことの練習台としてJUTAを活用していける環境をみんなで作っていきたいと思います。ATR委員では、今年度は部活に所属している部員が多いのでトレーナーズルームの活動日や時間帯の工夫や昨年度に課題として残った備品管理は選手が主に使うものが多いので紛失ゼロを目指すための工夫、組織内の知識や部活動での情報の共有をもっとできる時間、場所を作り出すことなどがあげられます。またイベント委員では例年行っている催しをより一層いいものにする一方で、出てきたアイディアを実行に移していける環境づくりを、広報委員ではより分かりやすく、伝わりやすくJUTAの存在や活動内容を学部内外に発信していく工夫やイベント委員と同じようにアイディアを吸い上げることがあげられます。もちろん選手やOBOGの方々があっての活動でもあるので努力が必要なことも多いと思います。ですが、この他にもおそらく各委員会からもっと凄いアイディアが出てくると思うので縦横ともにコミュニケーションをとれるクラブにしていきたいと思います。