順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
蹴球部(男子)

蹴球部(男子)

2017蹴球部 男子TOP

サッカーで「日本一の組織」を目指す!
一人ひとりが自分自身と向き合い、人として成長しながら、蹴球部全員で結果を出していきたいと思います。目指すのは、「日本一の組織」です。勝利することを課題とし、何が重要で必要か常に考え、決断、行動できる人間を育てます。

お知らせ

戦績報告

蹴球部(男子)

平成29年度戦績

蹴球部(男子)

平成28年度戦績

蹴球部(男子)

平成27年度戦績

蹴球部(男子)

平成26年度戦績

蹴球部(男子)

平成25年度戦績

*上記以前の戦績はこちらをご覧ください。

活動TOPICS

蹴球部(男子)プロフィール

部員数

101名

実績(28年度)

第90回関東大学サッカーリーグ男子1部4位 / 第65回全日本大学サッカー選手権 ベスト8 /第40回全日本大学サッカートーナメント大会 準優勝

目標ならびに抱負

 昨年は、第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントに16年ぶりに出場することができ、この大会で準優勝することができました。しかし、第90回関東大学リーグ戦を第4位で終え、インカレ出場をストレートで決めたものの2年連続ベスト8で敗れてしまいました。総理大臣杯とリーグ戦では一昨年の結果を上回ることができましたが、インカレでは残念ながら上回ることができませんでした。
 一昨年の経験を踏まえ日本一を目指してきましたが、まだまだ力不足でした。昨年のチームは1年を通して4年生があまり試合に出ておらず、インカレ準々決勝での先発は全員が3年生以下でした。初めの時期は下級生にチームを引っ張っていくという自覚がなく、対戦相手との実力がほぼ互角でも勝てなかったり、大量失点で負けたりすることがありました。しかし、夏の総理大臣杯の準優勝をキッカケに徐々にではありましたが、自覚を持って普段の学校生活やトレーニングに取り組むことができるようになっていきました。ですが、インカレでは下級生の脆さが出てしまう結果となってしまいました。今年のチームは昨年のチームと良い意味でも悪い意味でもメンバーが変わりません。対戦相手から分析もされていることでしょう。そのためこの1年は昨年に+αを作る取り組みをチームとしてだけではなく個人個人ができるかがカギになってくるはずです。個人個人の意識レベルを上げ、ケガを防ぎ、技術レベルをさらに上げていき今年も全てのタイトルを奪うことに挑戦していきます。また、全部員とスタッフ、応援してくださる方々など順大蹴球部に関わっている全ての人の力を1つにして今年1年戦い抜きたいと思います。何卒、応援よろしくお願いいたします。