順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
スカッシュ部

スカッシュ部

2017スカッシュ部TOP

努力がものをいうスポーツ
実はほとんどの学生が入学前はスカッシュ未経験者。努力がものをいうスポーツです。

お知らせ

戦績報告

スカッシュ部

平成29年度戦績

スカッシュ部

平成28年度戦績

スカッシュ部

平成27年度戦績

スカッシュ部

平成26年度戦績

スカッシュ部

平成25年度戦績

*上記以前の戦績はこちらをご覧ください。

活動TOPICS

スカッシュ部プロフィール

部員数

男子14名、女子13名

実績(28年度)

第44回全日本学生スカッシュ選手権大会 個人戦  男子 優勝・女子 優勝/第43回全日本学生スカッシュ選手権大会 団体戦 男子ベスト優勝・女子 優勝

目標ならびに抱負

 私達順天堂大学スカッシュ部は全日本学生スカッシュ選手権大会において個人戦、団体戦で男女共に優勝することを目標に日々練習に励んでおります。昨年は酒井真美(スポ1)が準優勝、男子は机龍之介( マネ1)が大会初優勝を飾りました。この2人の活躍が2月に行われる団体戦に向けてとても良い弾みになったと確信しております。
 目標を達成させるためにまずは体力面の強化から見直してきました。普段コスモホールで行っている往復走ではタイムトライアルを実施し、常に早いタイムの設定をして全員がそのタイムを切れるように週1回の体力トレーニング以外にも普段の練習から体力が向上するためのトレーニングを行っています。また、部内での競争をより活発にさせるためにランキング戦を取り入れ、普段から緊張感を持って練習をし、お互いがお互いを高めあっています。そして練習の予定や練習した内容を記入して誰がどこでどのような練習またはトレーニングを行ったかを部員全員が共有することでひとつひとつの行動の質も向上しています。練習内においては、先輩後輩関係なくお互いに気づいたことを指摘し合い、さらなるプレーの質の強化やチームとしてのチームワークを高めています。
 日々の練習で培ってきた力を本番の舞台で発揮できるように部員全員が応援、サポートをして最高の成績を残していきます。また練習の姿勢だけではなく、日々の大学生活においても授業やゼミ活動での取り組みをしっかり行い、気の緩みがないようにしていきます。応援よろしくお願いします。