順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
学びの特長

スポーツ科学科

スポーツ科学科

スポーツ科学科3つのポイント

    スポーツによる社会貢献を目指す
スポーツが持つ効果と可能性を理解し、スポーツを通じて地域社会に貢献できる人材を育成します。

   トップアスリートの育成・サポート
優れた競技者、指導者を目指す人それぞれに、専門の研究者と最新設備を使った実践的な指導を実施します。

   医科学的知識・素養を身につける
各専門分野の教授陣に学ぶことで、医科学的知識を身につけ、スポーツを科学的に分析できるようになります。

学生一人ひとりにあわせたコース選択が可能

現在のカリキュラムでは、2年次から「スポーツ医科学」と「コーチング科学」の2コースのいずれかを選択します。スポーツ医科学コースは自然科学をベースに、スポーツの実施に伴う生体の反応や運動技術の分析などについて学問的探求を試みるコースです。一方のコーチング 科学コースは、スポーツ医科学上の知見に基づいた科学的データを参考に、効率の良い技術や戦術分析などを通して実際の指導技術を身につけるコースです。両コースは「基礎」と「応用」、あるいは「理論」と「実践」とも表現できます。

学科長のごあいさつ

スポーツを好きであること、そして自ら実践し、スポーツを科学していくことが大事だと考えています。たとえばアスリートや指導者を目指すうえでも、実践のなかでうまくいくことやうまくいかないことなど様々な課題にぶつかることがあります。そのときに原点に立ち返り、調整、向上していくための「スポーツの科学的根拠」を学ぶことのできる学科です。また2年次には、「スポーツ医科学コース」「コーチング科学コース」に分かれ、より専門性の高い学びが始まります。学生たちには自ら体を動かしてスポーツを実践、そして探究していくなかで、社会に貢献できる学びと成長を期待します。

廣瀬伸良 教授

スポーツ科学科
学科長
廣瀬 伸良 教授

4年間の流れ&カリキュラム