順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
3つのポリシー

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

スポーツ健康科学部では、学是「仁」(人在りて我在り、他を思いやり、慈しむ心、これ即ち「仁」)と理念「不断前進」(現状に満足せず、常に高い目標を目指して努力し続ける姿勢)に則り、スポーツと健康に関連した教育、ビジネス、福祉等の分野において、新たな職業ニーズにも対応できる人材の育成を共通の目標とします。この共通目標の下に、以下に定める資質・能力を身に付けた者に対して学士の学位を授与します。
 
<スポーツ健康科学部共通>
1.スポーツ健康科学を中心とした幅広い知識と教養、及びそれらの活用能力
2.協働で課題を解決するために必要なコミュニケーション能力
3.スポーツや健康の分野で、指導的な役割を果たすために必要な高い倫理観
 
<スポーツ科学科>
スポーツ健康科学部共通の資質・能力に加え、次の資質・能力を身に付けた者に、『学士(スポーツ科学)』の学位を授与します。
1.スポーツ医科学とコーチング科学を中心としたスポーツ科学についての知識と技能
2.スポーツ科学の知識に基づき、現場で指導できる能力ないしは研究できる能力
 
<スポーツマネジメント学科>
スポーツ健康科学部共通の資質・能力に加え、次の資質・能力を身に付けた者に、『学士(スポーツマネジメント学)』の学位を授与します。
1.経営学、社会心理学、社会学等を応用したスポーツマネジメント学についての知識と技能
2.国際的視野を持ち、ビジネス対象としてのスポーツを「ヒト・モノ・カネ・情報」という経営資源の側面からマネジメントできる能力
 
<健康学科>
スポーツ健康科学部共通の資質・能力に加え、次の資質・能力を身に付けた者に、『学士(健康学)』の学位を授与します。
1.健康を創造・支援するために必要な身体的・精神的・社会的健康についての知識と技能
2.健康に関する専門性を活かし、人づくり、社会づくりに貢献できる能力

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

スポーツ健康科学部では、ディプロマ・ポリシーに示す資質・能力を身に付けるために、学生が能動的に学ぶことを重視した教育方法を実践するとともに、以下のとおり教育課程を編成・実施し、学修成果を適切に評価することで、教育方法の改善につなげていきます。
 
<スポーツ健康科学部共通>
1.学部共通科目を設置し、所属学科以外の科目の相互履修を義務化しているほか、学部で開講されるゼミを含むほぼ全ての科目、医学部開講の一部科目を履修可能とし、学生の興味・関心に応える自由度の高い教育システムを提供します。
2.1年次には、人文・社会・自然科学及び語学の基礎的教養科目に加え、学科ごとの基礎的科目を、2年次以降はより専門性の高い知識とスキルを身に付けるための科目を配置します。
3.全学科で必修のゼミナールでは卒業論文の作成を通じて、丁寧な個別指導によって、身に付けた知識やスキルを統合し、各専門分野での探究力を深化させ、他者への伝達力を養成します。
4.コミュニケーション能力や倫理観については、寮生活や各種の実習等での協働を通じても養います。
 
<スポーツ科学科>
スポーツ科学科では、スポーツに関わる事象の原理を主として自然科学的に理解・究明・表現できる人材を育成することを目指し、1年次にはスポーツ医科学及びコーチング科学の基礎的科目を配置します。各自の学修目標と進路の違いに対応するため、2年次からは、スポーツ医科学コース、コーチング科学コースにおいて、それぞれが定める知識や能力を身に付けるための専門性の高い科目を配置します。
 
[スポーツ医科学コース]
1.スポーツに関わる諸事象を観察、実験及び数理モデルを用いて客観的に秩序正しく記述・説明することを通して、自然科学的立場からスポーツを理解する力を身に付けるための科目を配置します。
2.科学的根拠に基づいた種々のトレーニングや健康・体力づくりに関する知識と方法を正しく理解し、競技力向上や人々の日常生活に応用できる能力を身に付けるための科目を配置します。
 
[コーチング科学コース]
1.スポーツに関わる諸科学の知見に基づく知識と方法を理解し、運動プログラム及び運動技能の研究開発に応用できる力を身に付けるための科目を配置します。
2.初心者からトップアスリートまでの競技力向上及び人々の健康・体力づくりに必要な系統的・段階的な指導の知識と技術を身に付けるための科目を配置します。
 
<スポーツマネジメント学科>
1.スポーツマネジメント学科では、スポーツの経営資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」に関する基礎的知識を修得した上で、少人数による演習やインターンシップに参加できるように科目を配置します。
2.1年次には、スポーツマネジメントの大まかな枠組みと関連分野の基礎学問の修得を目指した科目を配置します。2年次からの各論では、経営資源のいずれに興味を持つかにより専門科目を選択し、それぞれの側面から現状の問題点の把握、改善策について問題を掘り下げる能力を身に付ける科目を配置します。
 
<健康学科>
1.健康学科では、身体的・精神的・社会的健康に関する科学的な知識を修得し、人々の健康づくりと健康支援に必要な技能を育むべく専門性の高い科目を体系的に配置します。
2.1年次では、健康づくりと健康支援についての科目を配置し、2年次からは現代日本における教育・社会・環境・精神保健・福祉などの各論を配置することにより、健康を創造・支援できる能力を身に付ける科目を配置します。

アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)

求める学生像
スポーツ健康科学部は、医科学的素養と人文社会科学的教養を兼ね備え、学是である「仁」の精神に基づいて人間の健康維持・増進・回復に寄与できる創造性豊かな人材を養成するため、次のような学生を求めます。
 
1.健康とスポーツの科学的究明を目指す人
2.健康・体力の増進、運動技能の向上、メディアへの貢献を目指す人
3.健康で文化的な生活形成への寄与を目指す人
4.教育を通じた人材の育成を目指す人
5.卓越した競技力を基にスポーツ分野での活躍を目指す人
 
各学科では、教育課程の内容に基づいて、次の能力を身に付けられる学生を求めます。
 
<スポーツ科学科>
アスリートの競技力向上及び人々の健康・体力づくりに適切な運動プログラムの開発、系統的・段階的な指導技術に必要な基礎知識と技能を修得できる学生を求めます。
 
<スポーツマネジメント学科>
スポーツを客観的・多角的に分析する基礎知識と習慣を身に付け、スポーツをコアとして国際的に通用する実用性・創造性の高いマネジメント力を修得できる学生を求めます。
 
<健康学科>
健康や運動に関わる科学的な基礎知識と実用性に富んだ技能を身に付け、障害者(児)を含む人々の健康づくりと健康支援に必要な基礎知識及び技能を修得できる学生を求めます。
 
大学入学までに身に付けておくべき教科・科目等
スポーツ健康科学部では、主体的な勉学の習慣に加えて、大学入学までに高等学校等において、次の教科・科目等を身に付けておくことが望まれます。
 
【知識・技能、思考力・判断力・表現力に関わるもの】
1.国語:基礎的な読解力、構成力、論理的表現力
2.英語:基礎的な読解力・コミュニケーション力
3.数学:数学Ⅰと数学Aを中心に基礎的な知識と論理的思考力
4.理科:生物、物理、化学、地学のうち、いずれかの科目についての基礎的な知識と科学的な思考力
5.地理歴史・公民:世界史、日本史、地理、現代社会、倫理、政治・経済のうち、いずれかの科目についての基礎的な知識
 
【主体性を持って多様な人々と協働する力】
6.集団活動におけるリーダーシップ、コミュニケーション力、主体性
 
【体育やスポーツ分野で必要な力】
7.体育やスポーツ分野での活躍を目指す学生については十分なスポーツ技能や経験知、実践力
 
入学者選抜の基本方針
スポーツ健康科学部は、自らの将来をよく考えて主体的に学ぶ力やコミュニケーション力、実践力等を見極めるために多様な選抜方法を採用しています。入学者選抜に当たっては、学力試験だけではなく小論文試験や面接試験を通して、また、高等学校での学修状況や諸活動での取り組み、スポーツ活動なども評価対象に加えて、入学者の受け入れを総合的に判断します。
 
障害等のある方の受け入れ
スポーツ健康科学部では、障害等のある入学志願者について、可能な限り受け入れるという方針です。障害等のある入学志願者で、受験や修学、寮生活で特別な配慮を必要とする場合は、出願に先立ち相談に応じます。