トップ > ニュース一覧 > 全日本大学駅伝総合5位!

2004.11.7 男子駅伝

全日本大学駅伝総合5位!

11月7日(日)名古屋熱田神社から伊勢神宮までの合計8区間で行われた第36回全日本大学駅伝対校選手権大会において、総合5位となりました。
序盤、上位を走行できませんでしたが、3区和田選手(3年)と7区松瀬選手(2年)が見事区間賞を獲得するなど今後につながる走りを見せ、来年度のシード権を確保しました。
ご声援ありがとうございました。
お正月の箱根駅伝に向け、さらにトレーニングを重ねますので応援をお願いします。
<個人成績>
第1区     (14.6km)松岡 佑起(1年)区間     5位
第2区     (13.2km)村上 康則(3年)区間     11位
第3区     ( 9.5km)和田 真幸(3年)区間     1位
第4区     (14.0km)長門 俊介(2年)区間     9位
第5区     (11.6km)清野 純一(2年)区間     11位
第6区     (12.3km)長谷川清勝(3年)区間     7位
第7区     (11.9km)松瀬 元太(2年)区間     1位
第8区     (19.7km)今井 正人(2年)区間     6位
<仲村監督のコメント>  夏合宿以降の競技会で結果を出すことが出来ず、不安材料を抱えたまま出場した出雲駅伝は3人の区間賞を出しつつも6位という結果で、良かった点と課題を見出した。
 その結果を踏まえ、出雲駅伝以降、トレーニングの流れの中での加賀百万石ロードレース(ハーフマラソン)と10000mの記録会に出場し、好結果を出した事を自信に全日本大学駅伝は3位以内を目標で挑むことが出来た。
 昨年度、出場出来なかった悔しさを胸にスタートしたが、出雲駅伝同様、前半の区間で流れをつかむ事が出来ず、レースが後手に回ってしまった。悪い流れを 3区和田真幸(3年)、7区松瀬元太(2年)の2つの区間賞で断ち切ることは出来たが、前の集団でレースを進めるには至らなかった。結果、5位とシード権 は獲得したものの納得できるレースではなかった。出雲駅伝で3人の区間賞(和田、村上、松岡)に加え、全日本大学駅伝で松瀬元太も加わった。また、エース 区間で堅実に走り、秋のハーフマラソンと10000mで大幅に自己記録を更新した今井正人と少しずつではあるが戦う戦力が整ってきた。
 箱根駅伝では、8人の経験者と期待の1年生を中心に盤石の態勢で挑みたい。

村上選手

村上選手

和田選手

和田選手

長門選手

長門選手

清野選手

清野選手

長谷川選手

長谷川選手

今井選手と仲村監督

今井選手と仲村監督

前のページに戻る