トップ > キャンパスライフ > ボランティア活動

ボランティア活動

通訳ボランティア

順天堂大学スポーツ健康科学部「さくらキャンパス(千葉県印西市)」は、平成27年8月22日から開幕された世界陸上競技選手権大会北京大会に出場するアメリカチームの事前キャンプ地となりました。

8 月15日(土)に、本学スポーツ健康科学部さくらキャンパスの陸上競技場において、印西市との共催による「Juntendo International 2015」を開催しました。本イベントでは、本学スポーツ健康科学研究科の大学院生や陸上競技部の学生などが主体となって企画運営を行い、事前キャンプで 日本滞在中の海外トップ選手を多数招いた国際競技会「International Challenges」も実施しました。各国代表選手を集めた競技会を大学が開催するのは、国内初の試みとなりました。世界陸上メダル有力候補の100m トレイボン・ブロメル選手や、400mのトニー・マッケイ選手などアメリカ選手15名をはじめ、オーストラリア選手10名とニュージーランド選手11名、 日本代表として出場予定の北川貴理(本学スポーツ健康科学部1年)、松下祐樹選手(本学H26年卒)や山本聖途選手など日本代表選手5名を含む総勢124 名が参加し、競技会開催中の通訳ボランティアを本学国際教養学部の学生が務めました

世界陸上事前キャンプ①

  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP