トップ > 国際教養学部紹介 > 3つのポリシー

3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

  国際教養学部の教育目的は、持続可能な未来の創造に寄与できるグローバル市民性(global citizenship)を涵養することにあります。人類の未来が持続可能であるためには、多様性の確保が必須であり、多文化多言語共生社会の構築に貢献できるグローバル市民が求められます。
  学部では、その教育理念を理解し、「多文化が共存する社会に貢献するグローバル市民」となる資質を備えた、次のような意欲的な学生を求めます。
□求める学生像
①グローバル化した世界の実態や課題とその背景及び多様な文化や人間に関心を持ち、人類の持続可能な未来に貢献しようとする夢を持つ人

②「グローバル市民」として、多文化共生社会に貢献することを目指し、生涯にわたり自律的な学びを継続する意志を持つ人

③自らのアイデンティティと母語能力を基盤に、外国語でのコミュニケーションを通して異文化を理解し相互に交流を図ろうと努力する人
□大学入学時までに身に付けておくべき教科・科目等
 国際教養学部では、大学入学までに高等学校等において、次の教科・科目等を身に付けておくことが望まれます。

①英語及び国語:国際社会において活躍できるためのコミュニケーション能力、基礎的な読解力、表現力、思考力

②社会:国際社会への関心・理解に必要な地理歴史・公民のうち、いずれかの科目についての基礎的な知識

③理科及び数学:生命現象・健康・医療を理解する上で必要となる生物や化学、数学等の自然科学の基礎的知識

④課外活動、ボランティア活動、海外経験等を通じた主体性、自律性、積極性
□入学者選抜の基本方針
 本学部では複数の入学者選抜方法を組み合わせ、多様な背景を持った学生を積極的に受け入れます。また、高等学校での学修状況や諸活動での取り組み、ボランティア活動なども評価対象に加えて、入学者の受け入れを総合的に判断します。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

 国際教養学部では、学是「仁」、理念「不断前進」、学風「三無主義」の精神の下に、「グローバル市民」を育成する教育課程として、4年間にわたる国際教養教育を次のとおり編成します。
【導入期】
①基礎演習によるコミュニケーション能力の育成
 前期は「プレゼンテーション」、後期は「ファシリテーション」を体験することで、グローバル市民として必須なコミュニケーション能力の基盤を培います。

②国際的な広がりを有するリベラルアーツを醸成する基盤科目
 健康・医療などに関連する分野を含む幅広い教養及び外国語を、文系、理系にとらわれない基盤科目として学び、広く、深い教養と豊かな人間性・倫理観を培います。

③複言語主義と言語文化アプローチに基づく1、2年次の外国語教育
 「グローバル市民」として求められる外国語コミュニケーション能力を習得できるよう、「複言語主義」に基づき、国際英語科目以外に、もう1つの外国語としてフランス語、スペイン語、中国語から1言語を履修します。授業では、異文化コミュニケーションを学び、体験できる「言語文化アプローチ」を導入します。TOEFLなど国際標準の能力測定試験を用いて能力の向上を測定します。

④3領域への導入
 初年次に「国際教養概論~グローバル市民を目指して~」を履修し、グローバル社会、異文化コミュニケーション、グローバルヘルスサービスという3つの領域に触れ、領域間の関係性について学びます。
【形成期】
⑤3領域からなる展開科目
 形成期に入る2年次には、各領域の概論科目を必修として履修し、各自の関心に応じて1領域を選択します。3年次以降は、3領域に関する科目を展開科目として設定します。 グローバル社会領域では、持続可能な未来へ向けて、グローバル化をめぐる問題を学び、グローバルヘルスサービス領域では、身体、健康、生命などに関して日本や世界が抱えている諸課題を学び、そして異文化コミュニケーション領域では、異質な文化とのコミュニケーションが内包し、表象する課題について深く理解し、多文化/多言語社会の構築に寄与する方途を学びます。

⑥専門的な外国語教育と海外留学・研修
 将来の進路を念頭に自主的に英語を学習できる「目的別英語科目」を揃え、また、フランス語、スペイン語、中国語では選択科目として上級コースを配置します。海外留学の道が開かれており、「海外研修プログラム」も課程外の取り組みとして設定します。
【完成期】
⑦3領域をまたがる複眼的思考の醸成
 学生が自ら選択する1領域に加え、他領域の授業科目についても領域横断的に履修することにより、複眼的思考を可能にする知見を得られるような教育編成とします。

⑧演習科目による専門性の強化
  3、4年次の「グローバル市民演習」では各自が選択した領域に関連する課題について研究します。

⑨卒業論文の作成
 各自が選択した領域に加え、場合によっては他領域での学びも組み込み、卒業論文を作成します。
【キャリア形成における2つの柱】
⑩キャリア教育の単位化
 入学直後の初年度から、学生の社会的・経済的自立を促すキャリア教育の充実にも重点を置き、キャリア科目をカリキュラムとして編成し、正規の科目として単位化します。

⑪教員免許(英語)を取得できる教職課程
 指定された科目を履修し所定の単位を取得すれば、中学校及び高等学校教諭(英語)の1種免許を取得できます。
【学修方法】
⑫主体性を引き出すアクティブ・ラーニングの実践
 学修方法として、少人数授業と協同学習を活用し、学生が主体的に関わるアクティブ・ラーニングを実践します。
【学修成果の評価】
⑬学修成果の包括的評価
 学修成果は、授業科目の修得状況による客観的評価、コンピテンスの項目群を学生が参照し、定期的に自己のパフォーマンスを評価する主観的評価によって包括的に評価します。評価結果の活用を通じて、教育方法の改善につなげていきます。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 国際教養学部では、本学の学是「仁」、理念「不断前進」、学風「三無主義」の精神の下に、「グローバル市民の育成」という教育目標に沿って設定されたカリキュラムを履修して所定の単位を修得するとともに、次の資質・能力を身に付けた者に対し、「学士(国際教養学)」の学位を授与します。
①グローバル化が進む国際社会における人間とその社会的、文化的な営みを包括的に理解するため、自然と人間、生命と健康、人間と社会、世界と日本など国際教養に関わる広範な知識を習得し、それらを統合し、活用する能力

②自分とは異なる人間や文化を理解しようと心を開き、多様性を尊重し、寛容さを持って相互交流を図ることのできる能力

③母語そして外国語でのコミュニケーション能力を駆使し、多様な人々と繋がり、自らの考えを論理的に説明し、相互の関係を築く能力

④グローバル市民として活躍するための基盤となる国際的な教養に加え、文化を超えて活躍できる専門性(グローバル社会、異文化コミュニケーション、グローバルヘルスサービス領域)を備え、人類が直面する問題を発見し、解決策を探る多面的かつ柔軟な思考力と行動力
  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP