トップ > 本学について > 順天堂の3つの柱 > 研究

順天堂の3つの柱 ―「研究」

研究横断的な中央共同研究体制で、研究のレベルアップを図る

独自の「中央機構」を採用

順天堂は、研究分野においても数多くの優れた功績を残していますが、研究における第一の特長は、その体制にあります。
医系大学の多くは講座制の研究体制を採用しているのに対し、順天堂は昭和40 年代に、いち早く講座制の研究体制を横断的な中央共同研究体制に再編しました。これは研究のレベルアップを目的とした試みであり、研究に必要な施設や機器・設備類を講座単位ではなく、独自の“中央機構”で導入し、大学全体で保有、管理しようというものです。各施設には専任スタッフも常駐し、研究の効率化や精度を高めていくための支援を行っています。
近年の医学研究は、分子生物学の進歩に伴い、理学、薬学、工学など、分野を越えた成果や技術をどんどん取り入れていくことが必要になってきました。それを先駆性をもって、効率的・効果的に推進し、確実にバックアップしていくのが中央機構なのです。
講座制のみならず基礎医学と臨床医学の壁すら取り払った、この優れた研究体制のもと、順天堂は大学紛争時代の変化に柔軟に対応し、わが国のみならず世界の医学をリードする研究を推進しています。研究レベルの高さはもとより、人格重視、開かれた研究の場をいち早く提供し、出身大学や学部、国籍を問わず博士(医学)及び修士(医科学)の学位が取得できるのも順天堂の大きな特長です。

独自の「中央機構」を採用

内外から寄せられる高い評価

順天堂はまた、健康総合大学を理念とした医学研究科、スポーツ健康科学研究科、医療看護学研究科の共同研究を学長プロジェクトとして推進するとともに、現在では、39 校との国際協定を締結するなど欧米やアジアなどの諸外国との交流も積極的に促進しています。
順天堂で取り組んでいる研究活動の水準の高さは、医学界のみならず、さまざまな分野から高い評価を得ており、国内外の多専門域からなる研究者の有機的な融合を導き、多くの国・公・民的資金の提供を受けています。
平成10(1998)年度には、「アトピー疾患の病因、病態、治療に関する分子医学的研究」が文部省(当時)助成による学術フロンティア推進事業として採択され、「アトピー疾患研究センター:小川秀興センター長(初代)」を設置しました。遺伝子解析を主とする分子生物学研究室や無菌動物室、SPF 施設を整備し、わが国におけるアトピー疾患の治療研究のコアとして学内外の学者に活用されています。順天堂は、同センターを拠点にアトピー疾患を克服するための基礎研究、臨床研究を推進しています。
平成12(2000)年度には、文科省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として「老人性疾患病態・治療研究センター:水野美邦センター長(初代)」が設立され、研究活動に取り組んでいます。
平成14(2002)年度には、文科省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として順天堂大学浦安病院に「環境医学研究所:小川秀興所長(初代)」を併設し、環境医学という新しい分野の研究にも挑戦しています。平成15(2003)年度には、①文科省21 世紀COE プログラムとして「病院感染予防のための国際的教育拠点:平松啓一所長」として採択され、研究者の育成機関として感染制御学博士課程の認可を受けました。②文科省リーディング国家プロジェクトとして「個人の遺伝情報に応じた医療の実現化プロジェクト」への参画が決まりました。
平成17(2005)年度には、文科省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として、スポーツ健康科学研究科に「スポーツ健康医科学研究所:小川秀興所長(初代)」の設置が認可され、“運動に対する心と身体の適応:オーダーメイド型運動プログラム作成のための客観マーカー開発”の研究を中心に取り組んでいます。平成19(2007)年度には、文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として、スポートロジーセンターの設置、そして私学では困難と言われていた「大学院教育改革支援プログラム」、更に「がんプロフェッショナル養成プラン」にも採択されました。東京都の順天堂医院、静岡県の静岡病院、そして千葉県の浦安病院では、厚生労働省より「がん診療連携拠点病院」に選定されています。
平成24(2012)年度には、研究開発能力と人材などを活用した連携・協力を推進するために、「理化学研究所」と包括的基本協定を、「株式会社日立製作所」と包括的産学連携協定をそれぞれ締結。国際レベルをリーディングする科学技術の振興や人材の育成を目指しています。また、「がんプロフェッショナル養成プラン」の継続事業である「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択され、がん専門医療人材養成のための教育拠点を構築しています。
近年では、女性研究者や女性アスリートの更なる環境整備に取り組む姿勢が評価され、文部科学省の女性研究者研究活動支援事業に採択、また平成26(2014)年度には、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択により「女性スポーツ研究センター:小笠原悦子センター長」を設立し、女性アスリートの支援方策について、「研究」という視点からの実行を図っています。この他、同事業に「子どもの健康づくりのためのスポーツ医科学拠点の形成」が採択され、運動とスポーツを通じた子どもの健康づくりのための研究が進められています。
さらに、最先端次世代研究開発支援プログラムにて本学教員が2名採択(2010)されたことや、文部科学省の科学研究費補助金獲得額では私立大学5位(2014)となったことなどからも、本学の研究分野への期待が証明されているといえます。
学術情報に関するデータベースの構築と提供を行っている米国の民間機関・ISI トムソン社は、平成12(2000)年10 月に世界トップクラスの論文を発表した日本の研究者30 人に「引用最高栄誉賞」を授与しましたが、その中に本学の教授も選ばれました。研究論文がいかに引用されたかをみる論文引用度指数(国内2009 ~ 2013 年)のランキングでも、順天堂大学は国公私立大学のうちでトップ30 に入っています。英高等教育情報誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが発表したアジア大学ランキング2015 トップ100 においても第75 位(日本の私立大学では3 大学のみ)となり、国外でも高い評価を得ていることが証ています。平成15(2003)年度には、①文科省21 世紀COE プログラムとして「病院感染予防のための国際的教育拠点:平松啓一所長」として採択され、研究者の育成機関として感染制御学博士課程の認可を受けました。②文科省リーディング国家プロジェクトとして「個人の遺伝情報に応じた医療の実現化プロジェクト」への参画が決まりました。
平成17(2005)年度には、文科省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として、スポーツ健康科学研究科に「スポーツ健康医科学研究所:小川秀興所長(初代)」の設置が認可され、“運動に対する心と身体の適応:オーダーメイド型運動プログラム作成のための客観マーカー開発”の研究を中心に取り組んでいます。平成19(2007)年度には、文部科学省ハイテク・リサーチ・センター整備事業として、スポートロジーセンターの設置、そして私学では困難と言われていた「大学院教育改革支援プログラム」、更に「がんプロフェッショナル養成プラン」にも採択されました。東京都の順天堂医院、静岡県の静岡病院、そして千葉県の浦安病院では、厚生労働省より「がん診療連携拠点病院」に選定されています。

平成24(2012)年度には、研究開発能力と人材などを活用した連携・協力を推進するために、「理化学研究所」と包括的基本協定を、「株式会社日立製作所」と包括的産学連携協定をそれぞれ締結。国際レベルをリーディングする科学技術の振興や人材の育成を目指しています。また、「がんプロフェッショナル養成プラン」の継続事業である「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択され、がん専門医療人材養成のための教育拠点を構築しています。
近年では、女性研究者や女性アスリートの更なる環境整備に取り組む姿勢が評価され、文部科学省の女性研究者研究活動支援事業に採択、また平成26(2014)年度には、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業の採択により「女性スポーツ研究センター:小笠原悦子センター長」を設立し、女性アスリートの支援方策について、「研究」という視点からの実行を図っています。この他、同事業に「子どもの健康づくりのためのスポーツ医科学拠点の形成」が採択され、運動とスポーツを通じた子どもの健康づくりのための研究が進められています。
さらに、最先端次世代研究開発支援プログラムにて本学教員が2 名採択(2010)されたことや、文部科学省の科学研究費補助金獲得額では私立大学5 位(2014)となったことなどからも、本学の研究分野への期待が証明されているといえます。
学術情報に関するデータベースの構築と提供を行っている米国の民間機関・ISI トムソン社は、平成12(2000)年10 月に世界トップクラスの論文を発表した日本の研究者30 人に「引用最高栄誉賞」を授与しましたが、その中に本学の教授も選ばれました。研究論文がいかに引用されたかをみる論文引用度指数(国内2009 ~ 2013 年)のランキングでも、順天堂大学は国公私立大学のうちでトップ30 に入っています。英高等教育情報誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが発表したアジア大学ランキング2015 トップ100 においても第75 位(日本の私立大学では3 大学のみ)となり、国外でも高い評価を得ていることが証明されております。
研究成果を分かりやすい形で広く知らしめているのも順天堂の特長で、明治8(1875)年に創刊した「順天堂醫事雑誌」は、全国の一般医学の啓発雑誌として現在も刊行されており、広く重用されています。

内外から寄せられる高い評価

“Quality of Life”の実現に向けた研究

一方、スポーツに目を転じると、これまでは体力の向上や技術の習得によって勝ち負けを競い、記録に挑戦する競技スポーツが中心でしたが、スポーツを取り巻く状況は大きく様変わりしました。活発に開催されるスポーツ大会、スポーツイベントは、経済活動のみならず、人々の生活を豊かにする“文化”へと成長しています。少子高齢化の急進展に伴い、生涯スポーツや健康づくりのニーズが高まっています。
いま“Quality of Life”という言葉をよく耳にしますが、順天堂では、従来の「体育」の範疇に留まらず、スポーツと健康づくりを通じたQOL 実現に向け、医学とも連携した研究に取り組んでいるのです。
順天堂の学是の「仁」は、「人在りて我在り、他を想いやり、慈しむ心」を表しており、病める人々の立場に立つ心を持った医療人、健康管理者、スポーツ教育者を育成することが、順天堂の精神なのです。その原点に位置づけられている「仁」を大切に育み、次世代を担う学生や若い研究者の涵養に取り組みながら、順天堂は21 世紀の医療、ヘルスケア、健康を支える研究に尽力しています。

 

QualityofLifeの実現に向けた研究

TOP