学長・室長からのご挨拶

女性研究者支援室について

学長・室長からのご挨拶

本学は、平成23年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「女性研究者研究活動支援事業」の採択を端緒に、男女共同参画の推進に取組んでおり、研究支援員の配備や、学内保育所における「大学院生枠」の導入、相談室・搾乳室の設置など、様々な女性研究者支援の取組を行って参りました。これらは現在も多くの方に利用されており、女性研究者支援事業が着々と学内に根付いてきたことが伺えます。

平成27年度には、文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)」に採択されました。本事業は、「東京医科歯科大学・順天堂大学・(株)ニッピバイオマトリックス研究所の3機関が連携して、研究者のライフイベント及びワーク・ライフ・バランスに配慮した研究環境の改善やそれに向けた機関内の意識改革、女性研究者の裾野の拡大、女性研究者の研究力の向上及び上位職への積極登用に有効な部局横断的な取組」に対する支援事業で、平成27年度は、連携型として5機関が採択されました。

今回の連携事業では、ダイバーシティ・ダイヤモンドユニット事業推進室を設置し、①研究力強化の支援、②産学連携の支援、③育児・介護と研究との両立支援、④若手研究者キャリアパス支援、⑤リーダーシップ向上支援の5方面からアプローチし、女性研究者支援のさらなる充実を推進して参ります。

また、本学内においては、研究支援員配備の拡充、優秀な女性研究者の研究力強化を事業計画の柱とし、女性研究者の離職を防ぎ、連携事業の特色である共同研究や産学連携研究が研究力向上に繋がり、女性研究者を上位職へ導くことができるように、さらなる支援の充実を図って参ります。連携機関との交流を通じて、各機関の特色ある取組を導入する、共同で実施する、新しいアイディアを生むなど連携の強みを最大限に活かして参りたいと考えております。
平成28年4月
順天堂大学学長
男女共同参画推進室長
女性研究者支援室長
新井 一

新井学長