大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

公衆衛生学講座

教授 谷川 武
准教授 和田裕雄
准教授 野田 愛
助教 丸山広達

公衆衛生学とは?

 同じ病気にかかった人たちは、みな同じ運命をたどるでしょうか?同じ病気にかかっても、貧富などの社会状況,生活環境,保健医療制度などによってその人の運命は大きく変わってくるのです。たとえば、自分の家で死を迎えたいと望む末期ガン患者さんがいたとしても、その地域に在宅医療のサポートシステムがなければその人の小さな望みはかなえられません。たとえば、日本の子どもが下痢をしても数日で元気になりますが、途上国の貧しく栄養不良状態の子どもでは死に至ることもあります。より多くの人が幸せになるためには、一人一人の患者さんの治療だけではなく、広く病気の人たちをサポートするシステムが重要となります。
 公衆衛生学は、人々が関わる社会状況、生活環境、保健医療制度ならびに事業、社会保障および社会福祉など、医学・医療が社会とかかわる領域での研究を中心とします。病気の人一人一人を対象とするのではなく、人びとの集まりとして社会を見ていく点に特徴があります。また、単なる研究だけでなく、在宅医療、地域保健、途上国などの現場で問題解決のために実際の活動を行うのも特徴です。

公衆衛生学の考え方

 公衆衛生学は医学部の中で衛生学、法医学、医史学とともに社会医学領域を形成しています。とくに公衆衛生学は社会のなかで医学がどのように機能するかを客観的にとらえ、医学と社会を媒介する役割を果たしているのです。したがって、疫学、人類学(社会学)、政治経済学を基盤として、広い視野で人びとの健康を増進し、疾病の予防を行なう役割を担っています。
 こうした医学と社会の交差した領域として、公衆衛生学教室ではさまざまな専門を背景にした多くの研究者が相互に学びあうことができる場を提供していきます。

当教室の活動

 スタッフ各々が異なる専門分野をもち、研究・活動テーマも広い分野にわたっています。本教室では、疫学手法を用いて、地域・職域における生活習慣や社会環境要因が生活習慣病をはじめとする健康に及ぼす影響について研究を進めるとともに、地域・職域の健康増進を図っています。

教室の連絡先

tel:03-5802-1049
fax:03-3814-0305
e-mail:j-koshueisei@juntendo.ac.jp