大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

小児外科学講座

主任教授 山高篤行の治療方針
 この子が自分の子供なら、どのように診断し、いかなる手術を選択し、どのように術後管理を行うかを考えていく・・・
それが私の治療方針です。
イメージ写真
主任教授 山高篤行の教育理念
 私(山高)は順天堂で外科のトレーニングを受け、外科医になりました。すなわち、順天堂でどのようなトレーニングを受ければ、どのように勉強をすれば、実力ある真の小児外科医になれるかを知っている指導者です。
 日本国のみならずアジア、世界のために小児を手術でしっかりと治療できる力のある小児外科医育成が私の残された人生の責務と考えております。

教室案内

 当科は1968年(昭和43年)4月、駿河敬次郎初代教授(現名誉教授)により、日本の医療機関の中で、はじめての小児外科講座として誕生いたしました。二代目教授・宮野 武教授のもと、「国際的視野にたって医療を行える人材を育てる」こと、「患者様に安全で確実な医療を提供する」ことをモットーに努めてきました。現在、三代目教授・山高篤行教授の下、「さらに低侵襲で、かつ安全な医療を提供できる」よう、小児外科学会認定指導医・専門医の6名を含む、合計22名のスタッフで日々診療にあたっております。
 赤ちゃんから中学生までのお子さんの、手術しなければ治らない病気を治療するのが小児外科・小児泌尿生殖器外科です。心臓、頭部を除くあらゆる臓器を手術しております。年間手術症例数および新生児症例数は日本で最多症例数を誇ります(年間手術症例数:1300例以上、新生児症例数:75例以上)。従って、より多くの手術症例を学び、経験することができます。
 当教室における教育面での最大の魅力の一つは、「医局員が海外留学を通して世界を肌で感じ取ることができること」です。 ほぼ全員が留学経験者であり、その国際医学情報をもとに、世界レベルの診療・教育・研究を絶えず維持しております。
 社会的・医学的貢献を行うことも私共の義務と考え、研究面も多くの業績・論文発表を行っております。教室の研究テ−マは多岐にわたり、国際的な研究が行われています。

小児外科学会認定指導医・専門医

一施設で6人の指導医・専門医を有する施設は、極めて稀であり、よりきめ細かい指導および臨床研修を提供できると考えます。
主任教授:山高 篤行 (指導医・専門医)
病院管理学研究室教授、(併任)総合診療科研究室教授・医療安全対策室室長: 小林弘幸 (指導医・専門医)
先任准教授:岡崎 任晴 (指導医・専門医)
准教授:加藤 善史 (指導医・専門医)
准教授:小笠原有紀 (専門医)
准教授:下高原 昭廣(専門医)

医学部教育

 御入院されている患児や外来に来られた患児に触れ、数多くの疾患に触れることで、小児外科・小児泌尿生殖器外科領域の疾患についての知識を広げられるよう指導しています。病棟実習の際には、各領域毎の勉強会を設け、疾患についての知識をより深めます。また、「外科的手技の獲得」と、「症例発表の仕方」についても細かく指導しております。
 学生のBedside learningで小児外科・小児泌尿生殖器外科疾患に広く接してもらい、卒業後も小児外科に対するmotivationを保ち続けられるようにしたいと考えています。
実習の実際
学生実習においては、手術見学を中心に行います。また、救急室での処置、ICU(集中治療室)およびNICU(新生児集中治療室)での患者管理も主要な実習課題です。希望があれば動物実験の手伝いをして頂き、手術器具や手術手技も学んで頂けます。
6年生を対象とした選択コースでは、積極的に患者管理を学び、さらには種々の手技を医師とともに行っていきます。

卒後教育

 小児(新生児〜学童)疾患のなかで、手術で病を直すのが小児外科・小児泌尿生殖器外科です。そのために、我々は、日夜、心を込めて、24時間体制で診療・手術を行っております。当科は本邦で最大規模の小児外科・小児泌尿器科施設であります。
 適切な治療を国民に提供できる、真の実力有る医師になるためには、国家試験を合格してからの卒後教育が、極めて大切です。当科では豊富な臨床症例と、実力有る指導医・専門医がいるために、学生および研修医はしっかりとした教育を受けられます。また、当科では最短の期間で外科専門医・小児外科学会認定専門医、さらには指導医の資格を得ることが可能です。当科では、入局された先生方に以下のような卒後教育を提供しております

学会認定指導医
施設に6人の指導医および専門医を有する施設は、極めて稀であり、よりきめ細かい卒前・卒後教育指導および臨床研修を提供できると考えます。

症例報告・臨床研究論文
数多くの英文論文を報告しております(英文論文総数:約300)。症例報告・臨床研究論文を書くことにより初めて、各疾患を研究、深く考察するため、真の臨床の力が養われます。

海外留学
医局員全員に海外留学のチャンスが有り、英語を体得し、留学を通じて世界を肌で感じ取ることができます

大学院について

社会的・医学的貢献を行うことも私共の義務と考え、研究面も多くの業績・論文発表を行っております。教室の研究テ−マは下記のように多岐にわたり、国際的な研究が行われています。
  1. 小児肝胆道外科:胆道閉鎖症および胆道拡張症の病態と治療
  2. 小児泌尿生殖器外科
  3. 二分脊椎症ならびに神経因性膀胱・直腸障害
  4. 小児腹腔鏡外科治療
  5. ヒルシュスプルング病および類縁疾患の病態と治療
  6. 小児臓器移植の研究
  7. 胎児診断
  8. 悪性固形腫瘍
  9. Intersexの治療
  10. 先天性横隔膜ヘルニアの病態と治療
  11. 肥厚性幽門狭窄症の病態生理

診療分野紹介および指導内容

1) 頭頸部手術
正中頚のう胞・側頚嚢胞などの疾患概念および手術手技を学習します。また、頚部の解剖を整理し、合併症が起こらない手術手技の体得を目標とします。

2) 胸部手術
肺芽腫などの悪性腫瘍や気胸などの嚢胞性疾患についての知識を深めます。また、胸腔鏡を用いての精査加療についての適応についても学びます。

3) 腹部(消化管)手術
腸重積や急性虫垂炎などの日常よくみられる疾患から、ヒルシュスプルング病や直腸肛門奇形などバリエーションに富みます。各疾患概念を学び、その治療方法についての知識を得ることを目標とします。

4) 腹部(肝胆膵)手術
胆道閉鎖症や先天性胆道拡張症などの疾患概念とその治療法を学びます。また、胆道閉鎖症などの術後の患者様で、肝移植が必要となる場合があります。その適応や術前管理について学びます。

5) 小児腫瘍手術
神経芽腫や腎芽腫などの小児悪性腫瘍は小児科や放射線科などとの集学的医療が必要となります。疾患概念と治療戦略について学びます。

6) 泌尿生殖器手術
停留精巣や包茎などの日常よくみられる疾患や、膀胱尿管逆流症や水腎症などの小児に特有な疾患についての疾患概念と治療戦略について学びます。また、総排泄腔症や膀胱外反症などの比較的珍しい症例も数多くみられます。それらの疾患概念や治療法につても学びます。

7) 腹壁・体表手術
鼡径ヘルニアや臍ヘルニアの発生について、発生学的および解剖学的知識を深めます。また、腹壁破裂や臍帯ヘルニアなども数多くみられます。それらの治療法や管理方法について学びます。

8) 新生児手術
日本で最も多くの新生児症例を誇ります(75例以上)。また、新生児の管理は煩雑で大変な分野であるため、小児科・新生児グループとの協力し、治療を行っております。横隔膜ヘルニアや腹壁破裂などの治療方針や治療方法のみならず、輸液などの術前術後管理についても学び、その知識を深めます。

9) 低侵襲手術・鏡視下手術
わが国でも成人領域で1990年代より急速に普及した鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡・膀胱鏡など)は、小児外科領域でも応用され、その適応疾患も拡大されていきました。鏡視下手術は、これまでの開腹・開胸手術に比べて、1)手術のあとに残るキズが小さい 2)術後の痛みが軽い、3)手術後の回復が早い など、大きなメリットがあります。しかし、鏡視下手術での医療事故も数多く報道されております。鏡視下手術の適応と合併症を起こさない手技について学びます。

手術症例

本邦で最多の症例数を誇ります。症例が多くないと良質な実地教育を受けることができません。
・年間手術件数:約1,200 - 1300例
・新生児外科症例数:約60 - 90例
・鏡視下手術症例数:約160 - 180例

症例報告・臨床研究論文

 数多くの英文論文を報告しております(英文論文総数:約400)。症例報告・臨床研究論文を書くことで、各疾患を研究、考察するため、真の臨床の力が養われます。

留学

 医局員全員に海外留学のチャンスが有り、英語を体得し、留学を通じて世界を肌で感じ取ることができます。