大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

腎臓内科学講座

医学部学生教育について


腎糸球体の病理組織
学習内容
 肝腎要(かんじんかなめ)と言われるように、腎臓は、体液の浄化や血圧の調節に関わっているとても重要で複雑な臓器です。当科では腎疾患・高血圧を通して内科診察技法を学び、臨床医として要求される下記の項目を身につけることを目標としています。

到達目標

  1. 尿検査所見の解釈と腎機能検査の理解
  2. 体液管理(浸透圧、pH)および電解質への理解
  3. 糸球体腎炎の解釈とネフローゼ症候群の病態と治療
  4. 腎不全の病態と治療
  5. 透析療法の実際
  6. 本態性・二次性高血圧の鑑別診断と治療

臨床実習
 医学部4年生後半から始まる病棟実習(BSL)では、学生は病棟グループの一員として配属され、指導医とマンツーマンで担当患者さんの病状、診断、治療方針についてディスカッションします。また、少人数のクルズスを行うことによって、腎疾患・高血圧の基礎的事項の確認と理解を深めるように配慮しています。